ニュース
» 2021年02月12日 07時59分 公開

画面と時間の争奪戦……動画配信サービス、独自色で国内勢攻勢(2/2 ページ)

[産経新聞]
産経新聞
前のページへ 1|2       

 「強みである、国際的なスポーツイベントや大物アーティストらの音楽ライブが中止などに見舞われ、放送・配信ができなかった。在宅時間の増加で映像サービスが伸びたとされるが、それは配信系のみ」(内濱氏)。

 そうした中で、「まずは(動画配信サービスの)選択肢の一つに挙げてもらうことが重要」と、「WOWOWオンデマンド」のサービス開始につながった。

 「……オンデマンド」の月額サービス料金は、放送の「WOWOW」と同額の2530円。「スポーツ生中継や音楽ライブ、それに『連続ドラマW』などのオリジナルドラマの3つが最大の武器。オリジナルコンテンツも制作しており、多様な顧客層が楽しめる」と自信を見せる。

ワンコインで会員急増

 NTTドコモが展開するdTVは平成21年に「BeeTV」として開局した。強みは料金の安さだ。昨年12月から洋画や海外ドラマ300タイトル、邦画200タイトルを追加し、12万作品が見放題だが、月額料金は550円。ネトフリが5日に、ベーシックプランを880円から990円に値上げし、dTVの低価格がさらに際立った形だ。

 昨年の緊急事態宣言下で大きく会員を増やしたが、同社のスマートライフビジネス本部コンテンツビジネス部では、「ワンコイン(税別500円)でちょうどいいと思われるサービスを展開する」としている。

 音楽コンテンツに強みを持つほか、先月29日に公開された映画「名も無き世界のエンドロール」の後日譚となるオリジナルドラマを配信するなど、独自色を出している。

映画と連動でプロモーション

 公開中の映画「名も無き世界のエンドロール」と、その後日譚となるdTVのスピンオフドラマ「Re:名も無き世界のエンドロール 〜Half a year later〜」。その双方のプロデュースを務めた内部健太郎プロデューサーは、映画と配信ドラマの関係について「メディア連動することで得られる一番大きな効果はプロモーション効果」と指摘する。

 海外の配信事業者などを中心に、劇場作品を公開と同時に配信するケースも増えているが、内部氏は「映画はイベント感、誰かと行く特別感があり、配信には場所と時間を選ばず視聴できる利便性があるため、共存していく」と説明。「両方のメリットを生かした連動コンテンツや相互送客を目指した取り組みも増えるだろう」としている。

前のページへ 1|2       

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆