ニュース
» 2021年02月19日 08時25分 公開

キリンHD、新規事業開発に高度人材を副業兼務で募集

 キリンホールディングスは18日、傘下のキリンビールの新規事業開発に関連し、高度人材を本業を持つ人でも応募できるよう、業務委託契約での公募を始めた。

[産経新聞]
産経新聞

 キリンホールディングスは18日、傘下のキリンビールの新規事業開発に関連し、高度人材を本業を持つ人でも応募できるよう、業務委託契約での公募を始めた。同社での働き方を副業と位置付けるのを認めるのは初めてで、即戦力人材を短期間で獲得できると判断した。

 募集するのはキリンビールで新規事業開発を担う事業創造部で進めるIoT(モノのインターネット)関連プロジェクトと富裕層向け商品・サービスの開発プロジェクトの2事業で、エグゼクティブ・アドバイザー各1人。経験者転職サイト「ビズリーチ」で募集を始めた。

 IoT関連ではシステムの要件定義・設計や開発などについて技術面からの指導や検証を担う。富裕層向け開発ではニーズの探索やマーケティング戦略の立案などを行う。いずれも業務委託契約で週1日程度勤務し、日当は1.5〜3万円。契約期間は3カ月をベースに状況をみながら都度更新する。

 消費者ニーズが多様化する中、一人一人のニーズや志向に合わせて個別に展開するワンツーワン・マーケティングが重要視されている。キリンは対応する新規事業開発で、応募者に副業としての取り組みを認めることで、グループ内で不足する高度人材を速やかに獲得できると判断した。

 キリンHDは昨年7月、キリンビールやキリンビバレッジなど4社の約6千人の社員に対し、副業を条件付きで解禁している。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆