ニュース
» 2021年02月24日 08時04分 公開

トヨタ未来都市、富士の裾野に世界の人呼び込め 静岡県など自治体、将来の産業や雇用活性化へ連携

完全自動運転やロボット、人工知能(AI)といった最新技術を居住環境内で試し、世界の研究者らも含め最終的に2千人以上が暮らす想定で多様な企業も連携するため、自治体は周辺を巻き込んだ新たな街づくりと活性化を期待。

[産経新聞]
産経新聞

 「富士山の日」の23日、富士山をのぞむ静岡県裾野市内で着工された、次世代技術の実証実験のためトヨタ自動車が手がける未来都市「ウーブン・シティ」。完全自動運転やロボット、人工知能(AI)といった最新技術を居住環境内で試し、世界の研究者らも含め最終的に2千人以上が暮らす想定で多様な企業も連携するため、自治体は周辺を巻き込んだ新たな街づくりと活性化を期待。支援の動きをすでに始めている。“スソノ”が世界から注目される日も遠くなさそうだ。

 「地域のみなさまとともに、未来に向けた歩みを進めていく」。この日の地鎮祭で、豊田章男社長は「ヒト中心の街」といった理念を示した上で、こう宣言した。

 あらゆるモノや街全体を情報技術でつなぐ「スマートシティー」の一種で、公道などでは規制改正を待つ必要がある次世代技術を、比較的自由に取り組める私有地での生活内で試す狙いだ。実験を繰り返し、街は敢えて「どこまでいっても未完成」(豊田社長)と位置づける。自動運転車両専用や歩行者と共存用などと道路を用途で分け、これらが網目状となること、またトヨタのルーツで湖西市で生まれた織機にもちなみ「Woven(織られた)」の名となった。

 豊田社長は昨年1月、令和3年初頭の着工を表明。新型コロナウイルス禍を乗り越え、予定通りにこぎ着けた。建設地は、高級車「センチュリー」も製造していたトヨタ自動車東日本の東富士工場跡地の約70万平方メートル。同社によると、豊田社長は「カイゼン」や多様性、自分以外の誰かのために働くといった「東富士工場のDNAが受け継がれていく」とも語った。

 地鎮祭に招かれた川勝平太知事は御殿場市内で記者団に囲まれ、「富士山の日にくわ入れ式ができたことを喜んでいる。(トヨタ側は)富士山を見ながら未来を、美しく調和した街を、作り上げていくということだった」と期待を語った。

 トヨタの連携の呼びかけに対し、企業や個人から3千件以上の応募があったという。周辺にも新産業と雇用、さらには世界からの交流人口の拡大が期待される中、行政も動き出した。

 裾野市は昨年度末、ウーブン・シティとの連携を中心にあらゆる分野のデジタル化を推進する「スソノ・デジタル・クリエイティブ・シティ(SDCC)構想」を策定。今年度からは、周辺のインフラ整備や交通利便性向上、外国語や外国文化への理解を深める取り組み−といった施策の実現に乗り出している。

 今月には市まちづくり課に専従職員3人を配置し、波及効果を市全体に拡大させる施策の検討に入った。当面は、最寄り駅となるJR岩波駅の周辺整備計画案を作成し、必要な行政手続きが円滑に進むよう同社との連携を強化。市の担当者は「最先端技術が街の外に出る際は、まずは市内で試してほしい」と期待する。

 一方、静岡県側は「一つの大きな街ができることになるが、医療や教育、福祉までを民間だけで整備するのはなかなか難しいのではないか」とみる。先端技術も生かして医療健康産業集積を図る県の「ファルマバレーセンター」(長泉町)との共同研究、周辺へのインターナショナル・スクール開設といったアイデアが浮上している。

 県の担当者は「これまでにない街で、法規制がボトルネックになることも考えられる。国や市と連携し手続きを円滑に進めることで、支援したい」と意気込んでいる。

 入居開始時期は未定だが、住人はまずは高齢者や子育て世代、発明家など、360人程度でスタートする見込みだ。「ウーブン・シティでは、人が幸せになるために、さまざまなことに挑戦していく」。豊田社長はこう語っているという。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆