ニュース
» 2021年03月02日 07時59分 公開

ヤフーとLINE経営統合 総利用者のべ3億人 ペイペイ統合も検討開始

通信アプリやスマートフォン決済の総利用者数が延べ3億人超にのぼる国内最大級のIT企業として、令和5年度に売上高2兆円、営業利益2250億円を目指す。

[産経新聞]
産経新聞

 携帯電話大手ソフトバンク傘下でヤフーの親会社のZホールディングス(HD)と無料通信アプリ大手のLINE(ライン)は1日、経営統合を完了した。通信アプリやスマートフォン決済の総利用者数が延べ3億人超にのぼる国内最大級のIT企業として、令和5年度に売上高2兆円、営業利益2250億円を目指す。

 統合後の経営体制では、ソフトバンクとLINEの親会社の韓国ネイバーが共同出資する中間持ち株会社「Aホールディングス(AHD)」の傘下にZHDを置き、さらにその傘下でヤフーとLINEが対等関係で事業を継続する。

 LINEのスマホ決済「LINEペイ」を4年4月までにヤフーなどが運営する「ペイペイ」に統合する検討も開始する。また人工知能(AI)の分野で今後5年間に5千億円を投資する計画も明らかにした。検索やスマホ決済など多様なサービスで得られたビッグデータをAIで分析し、サービスを向上させる狙いがある。

 ZHDの川辺健太郎共同最高経営責任者(CEO)は「情報通信で今よりもっと社会を便利にできると確信している」と意欲をみせた。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆