ニュース
» 2021年04月05日 08時32分 公開

通わず家で習い事 オンライン受講、海外からも

コロナ禍による外出自粛で多くの人にとってオンライン参加が身近になったことに加え、移動の必要がないため地域を選ばず国内外から受講できる点などが好評で、新たに参入する事業者も増加。

[産経新聞]
産経新聞

 新型コロナウイルスの影響で広がった、プログラミングなどオンラインでの習い事が定着しつつある。コロナ禍による外出自粛で多くの人にとってオンライン参加が身近になったことに加え、移動の必要がないため地域を選ばず国内外から受講できる点などが好評で、新たに参入する事業者も増加。「ピンチをチャンスにしたい」との声があがる。(木ノ下めぐみ)

プログラミング講座で、自宅にいる生徒に講師がオンラインで指導する=堺市北区のラシク中百舌鳥校(恵守乾撮影)

 「今日はこのプログラムを作ろう。ソフトを立ち上げて画面を共有しようか」

 3月中旬の平日夜、堺市の個別指導塾「ラシク中百舌鳥(なかもず)校」で行われたオンラインプログラミング講座。教室にいる講師がそう呼びかけると、約30キロ離れた大阪府茨木市の自宅和室にいる生徒の新開持宇(しんかいじう)さん(8)が操作するパソコン画面が、講師のパソコン画面に表示された。講師は、新開さんがプログラミングコードを並べていく様子を確認し、「数字が全角になっているから半角にして」などと助言した。

 このやり取りを隣の部屋で見ていた父親の裕幸さん(43)は「用事をしながら子供の授業を見守れるのが新鮮」と笑顔。近所で気に入ったプログラミング教室が見当たらず、オンライン講座を選んだが、「送迎の手間がいらないのが大きい。講座の前後にほかの予定も入れやすい」と利点を実感している。

 ラシクなどの学習塾を大阪、和歌山で展開する「イング」(大阪市)によると、昨春プログラミング講座を開講したものの、コロナ禍で勧誘イベントが中止になり、入塾者が集まらない事態に。塾全体の新規勧誘もままならず、入塾者は例年の6割にまで落ち込んだ。

 少しでも入塾者を獲得しようと、プログラミングなど一部の講座を通塾不要のオンライン方式に変更したところ、会員制交流サイト(SNS)で話題を集め、月に100件近い申し込みが殺到。中国やスイスなど海外からも体験希望の申し込みがあった。同社オンライン推進責任者の岡本知佳さんは「塾がある周辺にしか生徒はいないと思っていたが、オンラインで世界が対象になった。ピンチをチャンスに変えたい」と意気込む。

 また、中高年専門のバレエ教室を関西や岡山などで展開する「ハピバス」(大阪市)は、5月からオンラインレッスンをスタートさせる。姿勢を正し、体幹を鍛えるバレエは高齢者の転倒予防につながると期待され、「全国各地でレッスンの実施を求める声が上がっていた」と代表の藤井治子さん(43)。

 ただ、教室をいくつも設けるのは採算面などから難しく、数年前からオンラインでの指導を検討。「コロナ禍でオンラインが身近になった今こそ始め時だ」と決断したという。教室とオンラインの併用も視野に入れており、「高齢者は体調を崩しやすく教室まで行くのがつらい日もある。体調次第でオンラインを選ぶという新しい選択肢も提案できる」と期待する。

 日本最大級のオンライン習い事サイト「カフェトーク」を運営する「スモールブリッジ」(東京)によると、今年1月時点で登録されたオンラインレッスン数は約5万4300件。新型コロナ感染拡大前の昨年同月に比べて2.4倍に増えており、特にダンスやプログラミング、音楽などの分野での増加が目立つという。同社の担当者は「オンラインでの習い事がさまざまな分野で認知されるようになった。今後もオンラインで習い事に取り組む人は増えるだろう」と話している。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆