ニュース
» 2021年04月27日 08時31分 公開

EU欧州委がAI利用ルール案 「監視社会化」中国牽制の見方も

欧州連合欧州委員会は人工知能の利用に関するEU初の規制案をまとめた。

[産経新聞]
産経新聞

 【ロンドン=板東和正】欧州連合(EU)欧州委員会は人工知能(AI)の利用に関するEU初の規制案をまとめた。監視社会化を防ぐため、公共の場で顔認証技術を捜査に利用することなどを原則禁止するとした。違反すれば高額の罰金が科される仕組みで、法的拘束力を持つAIの包括的な規制は世界でも異例とみられる。EUは市民の権利を保護するルールを整備し、AIの技術革新を推進する狙いだ。

 欧州委が21日に公表した規制案は、市民の基本的権利に与える影響に応じてAI利用がもたらすリスクを4段階に分類した。

 最も厳格な禁止を求める「容認できないリスク」の項目では、警察当局などが顔認証といった生体認証技術を使い、公共の場で市民を常に監視することをあげた。顔をカメラでとらえ、AIがデータベースと照合する顔認証技術は犯罪捜査の強化が期待されるが、プライバシーの侵害が懸念されてきた。

 同項目には、政府が個人の行動に基づいて信用を格付けることなども含めた。違反すれば最大3000万ユーロ(約39億円)か、売上高の最大6%のどちらか高い方が罰金として科される。

 2番目に厳しい「高リスク」の項目では、企業の採用面接やローンなどに絡む信用調査、ロボットを使った手術などを明記し、利用前の審査を義務付けた。

 3番目の「限定的なリスク」の項目では、AIが回答する「チャットボット」の使用時に、利用者に人間ではなく機械が対話していることを伝える必要があるとした。

 最も段階が低い「最小限のリスク」の項目では、AIを搭載したビデオゲームなどをあげた。AI技術の大部分はこの分類に入るとし、市民の権利や安全に対するリスクが最小またはゼロに過ぎないため、追加の対応は必要ないとした。

 EUが規制案をまとめた背景には、米国や中国がAI技術の活用を進める中、技術を安全に使うためのルール作りで先行したい考えがあるとみられる。AIを駆使した監視社会の構築を進める中国を牽制(けんせい)する狙いがあるとの見方もある。

 欧州委のベステアー上級副委員長は「EUは今回の画期的な規制案によって、新たな世界の規範づくりを主導する」と強調した。

 規制案は今後、EU加盟国との議論や欧州議会などの承認を経て、施行される見通し。規制案をめぐっては、産業界から「厳しすぎる」との声が上がる一方で、より厳格な規制を求める指摘もあり、施行までには時間がかかりそうだ。 

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆