ニュース
» 2021年04月28日 08時19分 公開

山間部の物流にドローン活用 埼玉・秩父市、来年にも事業着手

埼玉県秩父市は来年にも、過疎化が進む山間部に小型無人機を使って食料品や日用品を運ぶ事業に着手する。

[産経新聞]
産経新聞

 埼玉県秩父市は来年にも、過疎化が進む山間部に小型無人機(ドローン)を使って食料品や日用品を運ぶ事業に着手する。楽天、ゼンリンなどの民間企業と協力して先端技術を活用する。加えて、オンライン診療の事業化も図り、人口減少や高齢化に対応した「秩父モデル」として全国に波及させることを視野に入れる。

埼玉県秩父市で行われたドローンによる配送の試験(同市提供)

 ドローン配送は、昭和35年時点と比べ人口が1割以下に減少した大滝地域(約650人)で導入する。「道の駅大滝温泉」にドローンが離着陸する給電設備(ドローンポート)を設置し、地域内の集会所などと結ぶ計画だ。

 すでに飛行ルートも決めており、今後、楽天やゼンリンなどと実証実験に入る。将来的には、集会所などから各世帯まで自動運転車で荷物を運ぶことも検討している。

 過疎地域の課題である医療提供体制の維持に向け、ドローンを活用したオンライン診療の事業化も同地域で模索する。患者がタブレット端末などで医師から診察を受け、処方薬をドローンで運ぶ計画を構想しており、現在、三菱総合研究所などが情報収集に当たっている。

 市の担当者は「住民らの利便向上を図り、人口減少、流出を食い止めて地域の活力を生み出す」と話している。(中村智隆)

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆