ニュース
» 2021年04月30日 13時26分 公開

「鬼滅」缶コーヒーが大ヒット ダイドー社長に「次」聞く(1/3 ページ)

高松富也社長は「今秋、(鬼滅の刃に代わる)新たなキャンペーンを考えている」と明らかにした上で、同社の自動販売機を「社会のインフラ」と呼ばれる存在にしたいと語った。

[産経新聞]
産経新聞

 新型コロナウイルス禍の中、人気アニメ「鬼滅の刃」のキャラクターをあしらった缶コーヒーが飛ぶように売れたダイドーグループホールディングス(HD)。高松富也社長は「今秋、(鬼滅の刃に代わる)新たなキャンペーンを考えている」と明らかにした上で、同社の自動販売機を「社会のインフラ」と呼ばれる存在にしたいと語った。(聞き手 藤原章裕)

「鬼滅の刃」のキャラクターをあしらった缶コーヒー((c)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable)

 −−鬼滅缶コーヒーの売れ行きは

ダイドーグループホールディングスの高松富也社長

 「昨年10月に発売し、3週間で5千万本、令和3年1月期に1億本を突破するなど、これまでになかった爆発的ヒットになりました。缶コーヒーの主要顧客は30〜40代の男性ですが、今回は10〜20代の若者、子供や夫のために買い求める女性など普段は缶コーヒーを手に取らなかった人たちにもご購入いただきました。一部は自販機限定の商品でしたが、これまで自販機で飲料を買わなかった人も購入されていました」

 −−鬼滅とのコラボレーションは継続するのか

 「当初はキャンペーン期間を3〜4カ月と考えていました。売れ行きが想定以上だったため、数カ月延ばしました。ただ、今回のコラボはいったん終了し、缶コーヒーの最盛期を迎える今秋に新キャンペーンをやろうと考えています。その内容は秘密です(笑)」

 −−1月期決算は売上高が前期比6%減にもかかわらず、最終利益は80%増に達した

 「鬼滅とのコラボで(ペットボトルに比べて原材料が安く)利益率の高い缶コーヒーの販売が好調だったことに加え、(コロナ禍での)働き方改革で旅費・交通費や交際費などいろいろな経費を抑制できた結果です。消耗部品の交換などで自販機の耐用年数を5年から10年に延ばしたことも大きな要因です」

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆