ニュース
» 2021年04月30日 14時08分 公開

止まらぬデジタル化、追い風 半導体不足や規制強化の不安も GAFA大幅増益

「GAFA」と呼ばれる米IT大手4社の快進撃が止まらない。新型コロナウイルス危機を受け、世界的に在宅勤務や遠隔授業が浸透。IT大手の事業を後押ししているためだ。

[産経新聞]
産経新聞

 【ワシントン=塩原永久】「GAFA」と呼ばれる米IT大手4社の快進撃が止まらない。新型コロナウイルス危機を受け、世界的に在宅勤務や遠隔授業が浸透。IT大手の事業を後押ししているためだ。社会のデジタル化がGAFAの業績の追い風となる構図が続きそうだ。

GAFAのアイコン

 2021年1〜3月期の4社の業績は、コロナ禍のもとで、ネット通販や、生活基盤となったスマートフォンの需要が、根強いことを浮かび上がらせた。

 アマゾン・コムは旺盛な通販需要で売上高が1千億ドルの大台を上回った。米紙によると、同社は4〜6月期も1千億ドルを上回る業績見通しを示している。

 アップルはスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の売り上げが66%増。利用者による新機種「12シリーズ」への買い替えが進み、販売増に貢献した。タブレット型端末「iPad(アイパッド)」も79%増えた。

 デジタル機器の利用機会が一段と増える中、広告収入を主力とするグーグル、フェイスブック(FB)も増収増益だった。FBの月間利用者数は3月末時点で1年前から10%増え、28億5300万人となった。

 一方、アップルのクック最高経営責任者(CEO)は電話会見で、世界的な半導体不足が、一部商品の供給に「影響を及ぼす」と言及した。半導体供給の停滞が、製造業の業績を下押しする可能性が出ている。

 FBは、アップルがスマホなどで個人の行動履歴の追跡を制限する機能を追加したことについて、「(個人の関心に沿った表示をする)ターゲティング広告への影響が4〜6月期から出始める」と指摘。個人情報利用をめぐる当局の規制強化や、GAFAのライバルによる自主規制の動きに警戒感をのぞかせている。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆