ニュース
» 2021年05月21日 08時01分 公開

ANAが仮想旅行アプリ 2022年に世界提供、需要喚起へ 

ANAHDは、仮想旅行サービスを非航空事業の柱の一つと位置付ける一方、仮想旅行を実際の旅行需要の喚起につなげ、コロナ禍後に本業の航空事業回復に結びつける考えだ。

[産経新聞]
産経新聞

 ANAホールディングス(HD)は20日、新型コロナウイルス禍で移動が制限される中、スマートフォンアプリで仮想空間内の旅行などを楽しめるサービスを2022年に各国で同時に提供を始めると発表した。ANAHDは、仮想旅行サービスを非航空事業の柱の一つと位置付ける一方、仮想旅行を実際の旅行需要の喚起につなげ、コロナ禍後に本業の航空事業回復に結びつける考えだ。

ANAホールディングスが提供する仮想旅行サービスのイメージ

 仮想旅行「スカイパーク」は、利用者の分身のキャラクターが最大8人のグループで、仮想空間上の京都などの観光スポットを周遊することで旅行を疑似体験できるサービス。欧米やオーストラリアなどの政府観光局と協力して各国の観光スポットを追加するほか、宇宙空間や恐竜の世界、映画の世界といった仮想空間ならではの旅行体験も検討する。利用料金は現在調整中だが、「週末に映画に行くようなイメージで考えている」(同社幹部)という。

 開発には、人気ロールプレーイングゲーム「ファイナルファンタジー15」に携わったゲームクリエイターの田畑端(はじめ)氏も参画。仮想空間で名勝を回るなどすることに関連づけたゲーム的な要素も取り入れられているが、詳細は開発中という。

 スカイパークは、ANAのグループ企業が運営するアプリ「スカイホエール」の中のサービスのひとつという位置付け。スカイホエールでは、仮想空間のショッピングモールで仲間とともに現実の商品をマイルで購入できるスカイモールや、仮想空間内に自分の家を建てたり、遠隔医療や教育などの提供を受けたりできるスカイビレッジの2サービスも利用できる。

 新型コロナ禍で収益が落ち込むANAHDはマイルでゲームや電子商取引(EC)などさまざまなサービスを利用できる「ANAスーパーアプリ」の提供を令和4年度に開始する方針。航空事業一本足からの脱却を目指している。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆