ニュース
» 2021年06月08日 08時11分 公開

逆風受け終焉に向かうPHV 何がどう変わり、そして将来どうなるのか

 プラグインハイブリッド車は、これまで規制面で優遇されてきたが、最近、逆風が吹いている。PHVはガソリン車と電気自動車の欠点を補うクルマとして、市場に受け入れられてきた。しかし、どうも風向きが変わったようにも見える。何がどう変わったのか、そして将来はどうなるのか。

[SankeiBiz]
SankeiBiz

 プラグインハイブリッド車(PHV)は、これまで規制面で優遇されてきたが、最近、逆風が吹いている。PHVはガソリン車(ハイブリッド車含む)と電気自動車(EV)の欠点を補うクルマとして、市場に受け入れられてきた。しかし、どうも風向きが変わったようにも見える。何がどう変わったのか、そして将来はどうなるのか。(日本電動化研究所代表取締役・和田憲一郎)

トヨタ自動車のプリウスPHVをベースに開発されたコンセプトカー。今後、PHVのフルモデルチェンジも大幅に減少しそうだ=昨年1月、幕張メッセで開かれた東京オートサロン(ブルームバーグ)

ガソリンスタンド急減

 昨年9月に米カリフォルニア州知事が「2035年に州内で販売される新型車はゼロエミッション車を義務づける」と公表したとき、ガソリン車、ハイブリッド車が廃止となることは理解するものの、筆者はPHVについても危ないのではと思った。というのは、同州のゼロエミッション車(ZEV)規制には10余りの州が追随しており、30年頃になれば、ガソリン車、ハイブリッド車が次第に販売禁止となることを見越して、多くのガソリンスタンドが廃業になるのではと思ったからである。現在、米国では約15万カ所のガソリンスタンドがあるが、30年頃にはおそらく10万カ所を下回るであろう。ということは、ユーザーがPHVを購入しようにも、近くにガソリンスタンドがなく、購入を躊躇(ちゅうちょ)することとなる。

 一方、欧州に目を転じれば、21年4月に、グリーンファイナンスに関するEU規則草案で「25年以降メーカーがPHVをサステナブル投資に分類することを禁じる」と報道された。

 まだ草案段階ではあるものの、多くの投資家は今後PHVへの投資意欲が低下することを意味する。もう一つの動きは欧州の「ライフサイクルアセスメント(LCA)規制」である。

 欧州連合(EU)の行政執行機関である欧州委員会、欧州議会、欧州連合理事会は、18年に自動車の生産やエネルギー生成、走行、廃棄、再利用などの二酸化炭素(CO2)排出量の総和を評価するLCAに関して、検討を開始することを非公式に合意した。その後、23年までに欧州議会が調査し、EUの評価方法が適切であれば、法制化することとなっている。このようなLCA規制では、PHVの場合、ガソリン車とEVの2つの機能を併せ持つため、部品点数が多く、極めて不利な状況となる。米国、欧州とも、規制面でPHVに逆風が吹いており、現在は販売好調であるものの、将来に対して暗雲が立ち込めてきたと感じている。

 さらに、PHVの将来性を裏付ける内容が、21年5月に国際エネルギー機関(IEA)の「50年脱炭素 工程表」で発表された。それによれば、全世界の新エネルギー車の販売比率では、30年時点ではPHVが約20%存在するものの、50年にはほぼなくなっている。

ハイブリッドが裏目に

 PHVは、EVの走行距離が短い、充電インフラが不十分であるということを背景に、ガソリン車(ハイブリッド車含む)とEVの中間的存在として、10年前後に誕生した。最初のPHVはバッテリー容量が小さいものが多かったが、次第にEV走行を希望するユーザーの声や、米国のZEV規制で、モーターだけで走行する「EV走行距離」に応じてクレジットが供与されるということもあり、大型バッテリーを搭載する車両が増えてきた。

 一方では、EVが進化し、エネルギー密度の向上や、バッテリー容量を大型化することで航続距離を伸ばす車両が数多く出現するようになってきた。また欧米中で充電インフラに対し、超大型の予算を組むなど、政府支援の動きが活発化してきた。

 上述の環境規制やガソリンスタンドの減少により30年を過ぎる頃には、PHVのマーケット需要が一気に萎むのではないかと思われる。勝手な視点かもしれないが、PHVのフルモデルチェンジは30年までに、あと1回という状況ではないだろうか。また、米国ZEV規制では、PHVを新エネルギー車から除外することはないにしても、クレジットのスコア数を少なく抑える方向であろう。

 振り返ってみると、PHVはガソリン車とEVの2つの機能を併せ持った極めて複雑なクルマであり、開発に多大な時間と費用を費やしてきた。しかし、2つの機能を持つことが利点でもあり、また欠点になることがある。ガソリン車廃止の方向性が見え始めたことで、これからも生き延びると思われてきたPHVであるが、意外に短命となり、その役目を終えるのではないかと思えてならない。


【プロフィル】和田憲一郎 わだ・けんいちろう 新潟大工卒。1989年三菱自動車入社。主に内装設計を担当し、2005年に新世代電気自動車「i−MiEV(アイ・ミーブ)」プロジェクトマネージャーなどを歴任。13年3月退社。その後、15年6月に日本電動化研究所を設立し、現職。著書に『成功する新商品開発プロジェクトのすすめ方』(同文舘出版)がある。福井県出身。

Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆