ニュース
» 2021年06月11日 07時59分 公開

京セラが無人レジシステム AIの画像認識活用

カメラを通して約6千種類以上の商品を見分け、商品の一部が隠れても識別が可能。労働現場での省人化や非接触技術の需要が高まるなか、自動運転を支える物体認識技術を応用した。

[産経新聞]
産経新聞

 京セラは10日、人工知能(AI)を活用した画像認識型の「スマート無人レジシステム」を開発したと発表した。カメラを通して約6千種類以上の商品を見分け、商品の一部が隠れても識別が可能。労働現場での省人化や非接触技術の需要が高まるなか、自動運転を支える物体認識技術を応用した。

AIがカメラを通して商品を識別する京セラの「スマート無人レジシステム」(同社提供)

 1台のカメラとパソコン、ディスプレーで構成される。AIがカメラを通して商品の特徴を瞬時に見分け、形や色に個体差がある野菜なども識別。商品が重なるなどして面積の約4割が隠れていたり、手に持った状態でかざしたりしても正確に認識できる。

 従来の物体認識技術では、新商品の特徴をAIに学習させる際に、既存の商品も含め全て学習し直さなければいけなかったが、今回のシステムでは新商品の学習のみで済み、作業時間を大幅に削減できる。また、多数のカメラの設置や、商品へのICタグの貼り付けが必要な他の無人レジ方式に比べて導入コストを大幅に抑えられる。

 少子高齢化に伴う労働人口の減少や、新型コロナウイルス禍での感染防止の観点から、流通業界で省人化や非接触技術の需要が高まっており、同社が持つ自動車の自動運転を支える物体認識技術を応用して開発。令和5年以降にコンビニやスーパー、企業の社員食堂などへの導入を目指す。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆