ニュース
» 2021年06月24日 08時28分 公開

株主総会で孫正義節「情報革命の資本家」

ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は23日に開催した定時株主総会で、「人工知能(AI)を使った情報革命に注力したい」と述べ、同社や同社の傘下ファンドが進めている各国のAIベンチャー企業への投資を今後も続ける方針を強調した。

[産経新聞]
産経新聞

 ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は23日に開催した定時株主総会で、「人工知能(AI)を使った情報革命に注力したい」と述べ、同社や同社の傘下ファンドが進めている各国のAIベンチャー企業への投資を今後も続ける方針を強調した。一方で単なる投資会社ではなく、「ソフトバンクグループは、AI起業家とビジョンを共有して情報革命の未来を作る資本家だ」と?孫節?を披露した。

オンライン株主総会でAI関連会社への投資方針などを説明するソフトバンクグループの孫正義会長兼社長

 孫氏は株主総会のプレゼンテーションで、同社がここ3、4年、事業会社ではなく投資会社の側面を強めていることに対して「事業家としての孫正義は好きだが、投資家としては好きではないとよく言われる」と自虐した上で、単なる投資家ではないことについて、19世紀の産業革命期に発明家に投資したロスチャイルド家に自らをなぞらえ、「産業革命の中心がロスチャイルド家だったのであれば、ソフトバンクグループは(現代の)AI情報革命の資本家だ」と自説を展開した。

 一方、株主から「自社株買い以外で株価が上がらない」との質問が出た際には「自社株買いばかり気にされるのは、創業者として悲しい」と苦笑。同社がここ最近投資事業の指標として強調している、保有株式価値から純負債を引いた時価純資産を意味する「NAV」についても、株主からは「強調しすぎる」と批判的な声が出たが、「資本家として一番重要なものさしだ」と改めて強調した。

 総会の終盤には、令和元年末で社外取締役を退任したファーストリテイリング会長兼社長の柳井正氏について言及。総会の冒頭で触れた「事業家としては好きだけど投資家としては好きじゃない」と言われたのは柳井氏だと明かした上で、「(柳井氏は)ユニクロの経営に専念したいということだったが、投資家としては好きじゃないというのが本音かもしれない」と寂しそうに話した。

 最後に「60代で引き継ぐ」という考えを示している後継者問題について株主から問われた孫氏は、80歳を超えた今も投資家として著名なウォーレン・バフェット氏を例示し、「69歳を過ぎても社長をやっているかもしれない。会長として経営に関わるかもしれない。後継者選びは最重要な仕事の一つだ」と述べた。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆