ニュース
» 2021年07月01日 08時19分 公開

災害に強いLP発電機に注目 産業から医療まで(1/3 ページ)

大規模な風水害などに伴う停電への備えとして、災害に強いLPガスを活用した発電機に注目が集まっている。

[産経新聞]
産経新聞

 大規模な風水害などに伴う停電への備えとして、災害に強いLPガスを活用した発電機に注目が集まっている。着火性に優れ長時間連続稼働が可能なためで、停電を避けたい製造業や流通業といった産業界から病院・介護施設まで幅広い需要が見込まれる。災害に強い社会のインフラ整備に向け、開発が進んでいる。

介護施設の2階ベランダに設置されたLPガス発電機

 この有望市場にいち早く着目したエネルギーベンチャーのレイパワー(東京都千代田区)が市場開拓に本格的に乗り出す。安定した生産体制を整えた上、今秋には大型機も新規投入。5年後には現状機種とあわせて3万台の販売を目指す。

 同社の非常用LPガス発電機は、車のル・マン24時間耐久レース参戦で培った技術から生まれた高耐久性・低燃費などが強み。

 レース参戦車のエンジンを開発したYGK通商(同大田区)と共同で、定格出力電力(発電機が安定して出力可能な電力)が3kVA(キロボルトアンペア)の「YL−03」を令和元年10月に製品化、これまでに50カ所に74台を設置した。

 その一つが横浜市の介護施設。理事長は「入居者に安心、安全を約束でき、これほどの安心感はない」と喜びを隠さない。今年3月に同発電機を2台導入、120時間(5日間)連続で電気を供給できる態勢を整備した。吸痰器や酸素吸入器など介護用機器が停電により稼働停止に追い込まれるという最悪の事態を防げる。

 実際に同発電機に救われた導入企業も現れた。今年1月、山形県を襲った豪雪で停電が発生した山形市で、購入企業3社が停電直後に同発電機の自動起動により難を免れた。

 地震や大型台風、大雪など自然災害に見舞われると送電線が切れたり、発電所などの設備が故障したりして停電が発生すると復旧まで2週間以上かかることもある。それだけ経済活動や生活に支障をきたす。

 こうした状況下でも、「確実にすぐ動く、しかも長時間」というのがLPガス発電機の特徴で、災害時に欠かせないと自治体や企業、病院などから問い合わせが相次ぐ。

       1|2|3 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆