ニュース
» 2021年07月05日 08時48分 公開

高級ブランドも採用した山梨県の紙ストロー 一気に攻勢(1/2 ページ)

森林の管理・保全の国際認証である「FSC」認証を得た唯一の国産紙ストローで、水に浸しても1時間以上耐えられるなど優位性を訴える。

[産経新聞]
産経新聞

 山梨県の特定非営利活動法人(NPO法人)が、県有林の木材を使った紙ストロー事業を急拡大させようとしている。令和2年の実績に対し、今年は出荷と販売量を約4倍に拡大させる計画だ。森林の管理・保全の国際認証である「FSC」認証を得た唯一の国産紙ストローで、水に浸しても1時間以上耐えられるなど優位性を訴える。超高級ブランドの日本法人が採用したほか試験的な採用も増えてきたことから攻勢をかける。

広がる採用

約30分間、飲料水に浸したままのフォレストロー。形状が崩れることはなかった(平尾孝撮影)

 甲府市に拠点を置くNPO法人「マイプラ対策室」が手掛ける紙ストロー「フォレストロー」が大きな話題となったのは昨年8月。セブン&アイ・フードシステムズが運営するファミリーレストラン「デニーズ」が、県内店舗で採用したためだ。

 全国のデニーズでは、ドリンクバーのストローを撤去し、要望のある来店客に生分解プラスチックを渡すようにしている。山梨県では、県の後押しもあり県内7店舗でフォレストローへ切り替えた。今年5月には、関東圏のデニーズでも試験的なフォレストローの使用が始まった。マイプラ対策室の藤原行雄理事長(68)は「関東で採用になり、さらにエリア拡大を期待する」という。

 超高級ブランドでも採用されている。フランスを代表するブランド「シャネル」の日本法人だ。レストランなどではなく、同社の接客用で、飲み物を出す際にフォレストローを使用している。欧州企業では、地球温暖化対策や海洋プラスチック問題への取り組みを重視し、経営方針に位置づけている会社も少なくない。欧州系の自動車メーカーのディーラーでも同様の理由でフォレストローを採用した。

 自治体や日本企業からの問い合わせも増えている。国連が掲げる「SDGs(持続可能な開発目標)」への対応を迫られているためだ。

山梨県のNPO法人が手掛ける紙ストロー「フォレストロー」(平尾孝撮影)
       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆