ニュース
» 2021年07月12日 08時40分 公開

横須賀の空、牛丼が飛ぶ 国内初、ドローン配送実験(1/2 ページ)

ドローンや自動走行ロボットなどの無人機が行き交い、人々の暮らしを支えるといった近未来型の都市像を描く同市が、実現に向けてまた一歩踏み出した。

[産経新聞]
産経新聞

 神奈川県横須賀市内で6月に行われた小型無人機「ドローン」を使った食べ物の配達実験では、作りたての牛丼が市内の高度約50メートルの上空を約5キロにわたって飛び、医療業務に奔走する病院スタッフのもとに、できたてアツアツの状態で届けられた。ドローンで医療従事者に食べ物をオンデマンド(注文対応)配送する実験は国内初という。ドローンや自動走行ロボット(UGV)などの無人機が行き交い、人々の暮らしを支えるといった近未来型の都市像を描く同市が、実現に向けてまた一歩踏み出した。

横須賀市立市民病院の屋上に降下する牛丼を積んだドローン=神奈川県横須賀市(外崎晃彦撮影)

 実験は県と市、同市立市民病院、ドローンの開発・運航会社のエアロネクスト、牛丼チェーンの吉野家、フード宅配業の出前館、通信業者のアクセスの7者が協力して実施した。

型崩れせずに

 実験の工程は、市民病院のスタッフが昼食時間帯にスマートフォンのアプリで牛丼を注文。約5キロ先で待機する吉野家のキッチンカーで牛丼を調理・箱詰め。出前館のスタッフが約200メートル先の離陸地点(立石公園)に運び、ドローンに搭載。公園内から離陸させ、海上・陸上を自律飛行。病院の屋上でスタッフが受け取る――という段取り。

吉野家のキッチンカーから牛丼を受け取る出前館の配達員=神奈川県横須賀市(外崎晃彦撮影)

 今回は、午前から午後にかけて2回のフライトを実施し、ともに成功を収めた。いずれのフライトでも、箱詰めされた4つの牛丼は平均高度約50メートルで海上・陸上を飛行。12、13分かけて病院屋上に到着し、注文した病院スタッフが受け取った。

ドローンに牛丼を積みこむスタッフ=神奈川県横須賀市(外崎晃彦撮影)

 “空飛ぶ牛丼”をその場で試食した臨床工学技士の橋口宗矢さん(25)は「(牛丼が)型崩れすることもなく、しかもアツアツで届いた」と驚き、看護師のクォン・ヘリムさん(31)も「院外に出る時間を取られず便利。実用化されたらとてもいいサービスだ」と期待した。

 同院管理者(院長)の北村俊治さんは「食べ物に限らず、災害時の病院への物資輸送などに応用できそうだ。市の取り組みに参加できてうれしい」と話した。

“空飛ぶ牛丼”を食べる病院スタッフ=神奈川県横須賀市(外崎晃彦撮影)
       1|2 次のページへ

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆