ニュース
» 2021年07月16日 07時57分 公開

分身ロボで「瞬間移動」 ANA系企業が夏休みに新サービス

ANAグループのロボットベンチャー、アバターインは15日、分身ロボ「newme(ニューミー)」を遠隔操作することで離れた場所の観光施設に実際にいるかのような体験ができる世界初の「瞬間移動サービス」を夏休みの期間限定で試験的に実施すると発表した。

[産経新聞]
産経新聞

 ANAグループのロボットベンチャー、アバターイン(東京都中央区)は15日、分身ロボ「newme(ニューミー)」を遠隔操作することで離れた場所の観光施設に実際にいるかのような体験ができる世界初の「瞬間移動サービス」を夏休みの期間限定で試験的に実施すると発表した。

分身ロボットを使った瞬間移動サービスを説明するアバターインの深堀昂社長=15日、東京都中央区(松村信仁撮影)

 事前にパソコンを通じて15分間操作を練習した後、8月1〜31日に鳥取県倉吉市の円形劇場、神奈川県箱根町の箱根ガラスの森美術館など4カ所の観光施設を30分間無料で訪問できる。

 今秋以降は有料サービスとして、博物館や水族館の見学や百貨店での買い物が分身ロボを通じてできるようにする。また法人向けのサービスも展開する。

アバターインの瞬間移動サービスは分身ロボを遠隔操作して、遠くの博物館などが見学できる

 アバターインはこのサービスを始めるにあたり、電子機器メーカーのデンケン(大分県由布市)と共同で分身ロボの量産体制を確立した。分身ロボの身長は1メートル50センチ、重さは15キロ。頭部にタッチパネル式のディスプレーやカメラ、マイクなどを配置している。

 アバターインの深堀昂社長は15日、東京都内での記者発表会で「意識と存在感を電送するという全く新しいモビリティー(移動体)により、もっと多くの人が移動を楽しめる世界を作りたい」と語った。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆