ニュース
» 2021年07月19日 08時59分 公開

「AIで勤怠監視」厳格!リモート教習

AI(人工知能)による本人認証・勤怠監視システムが認可され、自動車教習所の学科教習への導入が始まった。

[産経新聞]
産経新聞

 パソコンやスマートフォンでリモート授業。コロナ禍で一気に広がった学習スタイルだが、決して「楽」ではないようで? AI(人工知能)による本人認証・勤怠監視システムが認可され、自動車教習所の学科教習への導入が始まった。生徒が自由に教習時間と場所が選べる半面、よそ見や居眠りには容赦なく、サボリを感知した時点で「受講不成立!」。最初からやり直しを命じられる厳格さだ。IT技術による生活や経済の進化・発展を目指すDX(デジタルトランスフォーメーション)が国をあげて推進されるなか、今後の活用の可能性は幅広い。

 リモート教習を導入した東京都小金井市の教習所を利用する、中央大3年の斎藤奈緒さん(21)は、自宅や大学での空いた時間に学科教習を受けている。

空いた時間にリモート教習を受ける斎藤奈緒さん。スマホから目が離せない(重松明子撮影)

 「教習所に通う手間が省けていいです」。大学もゼミ以外はリモート授業が続いているが「厳しさが全然違う」。動画を開いていれば出席になる大学と違い、教習所は画面から目を離したら中断・やり直し。「命に関わる免許なので、不満もあるが納得しています。集中を強いられる分、学習効果は高まると感じています」


 画面中央に教官による講義動画、サイドに自分(生徒)の顔が映り、AIアルゴリズムによる監視が常時ランダムに行われる。自動本人認証システム「オート・アカデミー」を開発したアカメディア・ジャパンの菊池参(まいる)社長(30)は、「不正受講を徹底的に防ぐことを目指した。自動車教習は本人が確実に受け、時間は1分でも欠けてはいけない」と力説する。

リモート教習の画面。中央に教官による講義、サイドに生徒の顔がモニターされAIが勤怠監視する(重松明子撮影)

 2013年、米国の大学在学中に起業。AIの活用研究を進めるなか、昨年11月、オート・アカデミーの基軸となる本人認証システム・オンライン学習システムが特許(第6797388号)を取得した。その1カ月後、警察庁から「オンラインによる学科教習の実施について」の通達が発出されたことで各地で許可が進み、今年5月から教習所での実用化が始まった。

 申し込みは首都圏や新潟、北海道など全国約100校から殺到。いち早く導入した東京の小金井自動車学校では、900人の生徒全員がリモート教習を受けている。学科教習全26時限のうち応急救護などの実技を除く22時限が、24時間どこででも受講できる。

 「生徒は大学生など18〜20代前半がほとんどだったが、『忙しいなかでも受講しやすい』と40、50代の社会人や主婦層の入校者が増えている」と同校業務課の曽我康裕課長(48)。

 生徒数はコロナ前の一昨年同時期より4割も増えた。「昨年の休校の反動もあるが、感染防止のため電車やバス利用を避けたいという意識が高まり、コロナ後、自動車免許取得に新たな需要が生まれている」

 教習所側にとって、オンライン教習のメリットは何か? 「教室が密にならないよう人数制限していたが、希望日時に受けられない生徒が出ていた。これが解消できたことが大きい」

 導入前の教習動画制作は大変だったが、実施後は教室が空きスペースになった。教官の配置にもゆとりができ、運転教習に注力できる態勢になったという。


 「リモートの弱点だった、なりすましや別の作業をするなどの不正受講をチェックするAIの精度は、日々進化している。効率的なオンライン学習は、コロナ収束後も普及定着してゆく」と、オート・アカデミー開発者の菊池さんは予測する。資格講座や研修への応用を求める相談も、続々寄せられているそうだ。

 公立小学校のタブレット学習など、社会生活のあらゆる領域で急速にDX化が進む。「AIが子供の宿題の見張り役にもなり、将来は家庭教師もいらなくなるかもしれませんね」

 少々息苦しい気もするが……。DXによる社会変革を加速させたのは、コロナ禍の数少ないケガの功名?(重松明子)

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆