ニュース
» 2021年07月28日 07時51分 公開

五輪会場周辺をオンライン観光 活躍の場失ったボランティアが案内

ほとんどの競技が無観客開催となった東京五輪・パラリンピックで、会場に来られない国内外の人々に観光気分を味わってもらおうと、都市ボランティアが会場周辺の地元を案内するオンラインによる観光ツアーが30日から始まる。

[産経新聞]
産経新聞

 ほとんどの競技が無観客開催となった東京五輪・パラリンピックで、会場に来られない国内外の人々に観光気分を味わってもらおうと、都市ボランティアが会場周辺の地元を案内するオンラインによる観光ツアーが30日から始まる。早くも満員となるツアーも相次ぐなど人気を集めている。英語と日本語で行われ、8月29日まで無料で実施する。

東京五輪の開会式が行われた国立競技場=23日午後、東京都渋谷区の渋谷スカイ(福島範和撮影)

 「オンラインツアーに参加した人がその地域に興味を持つことで、新型コロナウイルス収束後に現地を訪れる人が少しでも増えてくれれば」。米民泊仲介大手エアビーアンドビーとともに、オンラインツアーを企画した日本財団ボランティアサポートセンターの担当者は、そう期待を寄せる。

 今大会は東京都以外にも各地に競技会場があり、それぞれで多くの都市ボランティアが地元の観光案内などを務める予定だった。だが、新型コロナの影響で活動の場が失われたことを受け、今回の企画が立ち上がったという。

 参加するのは競技会場がある首都圏の都県や市に加え、宮城県や福島県など9自治体の都市ボランティア有志計89人。20チームに分かれ、それぞれが趣向を凝らしたツアーを実施する。

 例えば、宮城県のツアーでは東日本大震災で被害を受けた東松島市の復興のあゆみなどを紹介し、感謝を伝える。また、東京都のパラリンピックのマラソンをテーマにしたツアーでは、コース上の地理や歴史、パワースポットなどを豆知識を交えながら紹介する。

 エアビーアンドビーの特設サイトから申し込みを受け付けている。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆