ニュース
» 2021年08月02日 08時58分 公開

電子部品大手の4〜6月期、増収増益も半導体不足など先行き不透明

テレワークの拡大などによる電子部品需要の高まりで、7社が増収増益。世界的な半導体不足を受け、関連製品の売り上げも伸びた。

[産経新聞]
産経新聞

 電子部品大手8社の令和3年4〜6月期連結決算が30日、出そろった。テレワークの拡大などによる電子部品需要の高まりで、7社が増収増益。世界的な半導体不足を受け、関連製品の売り上げも伸びた。一方、半導体不足による自動車業界の減産や、上昇傾向にある原材料価格への懸念も強く、先行きを慎重にみる企業が目立った。

 ロームは、自動車や産業機器向けの半導体が好調だった。売上高は前年同期比37.4%増の1112億円、最終利益は60%増の116億円。オムロンも半導体の製造設備向け制御機器などが伸び、本業のもうけを示す営業利益が4〜6月期で過去最高だった。日東電工は半導体の製造過程で使用する部材などが好調で、売上高は24.7%増の2037億円だった。

 一方、半導体不足による産業界への影響を懸念する声も。売上高が32.8%増の4474億円と過去最高を更新した日本電産は、3年1〜3月期と比べると家電向け部品などは伸びた一方、自動車向けは減少。関潤社長は「自動車の需要は旺盛だが、半導体などの材料不足で自動車メーカーの生産が落ちた」とする。

 村田製作所は4年3月期の通期業績予想を唯一、上方修正したものの、自動車部品の需要予測は当初から引き下げ。村田恒夫会長は「半導体不足による自動車の減産は比較的長期化するのではないか」とする。

 先行きを慎重にみる企業が多いのは、半導体の需給逼迫(ひっぱく)に加え、金属など原材料価格や物流コストの上昇で、不透明な事業環境が続くとみているためだ。

 製品価格の値上げを検討する動きもあり、京セラの谷本秀夫社長は「(部材の調達先から)値上げの申し入れがあり、ディスプレーなど一部製品の価格に転嫁せざるを得ない」とした。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆