ニュース
» 2021年08月19日 08時04分 公開

白良浜にフリーWi−Fi 40万平方メートル全域をカバー

和歌山県の南紀白浜観光協会と白浜町、NTTデータ関西は、実証事業として、海水浴客でにぎわう町内の白良浜に、無料でインターネットに接続してスマートフォンなどを楽しめるフリーWi−Fiのサービスを始めた。

[産経新聞]
産経新聞

 和歌山県の南紀白浜観光協会と白浜町、NTTデータ関西(大阪市北区)は、実証事業として、海水浴客でにぎわう町内の白良浜(しろらはま)に、無料でインターネットに接続してスマートフォンなどを楽しめるフリーWi−Fi(ワイファイ)のサービスを始めた。今回は9月30日までだが、全長約620メートルで海上を含め約40万平方メートルもある白良浜全域で使えるといい、利用状況を調べた上で通年設置も検討するとしている。

海水浴客でにぎわう白良浜=和歌山県白浜町

 フリーワイファイは、コロナ禍前まではインバウンド(訪日外国人客)誘致のために注目を集めていたツールだが、観光協会や町によると、白良浜では過去に町が設置していたものの、全域を十分にカバーしていなかったという。海水浴場設置期間には1日で約2万人が訪れたこともあり、気軽にネットを楽しめる環境整備が課題になっていた。

 今回導入したのは、NTTデータ関西が開発した機種。通常のワイファイ伝送距離は約50メートルだが、高性能なアンテナ技術でアクセスポイント(アンテナ)1台で約500メートルをカバー。通常十数台が必要な白良浜全域を2台で対応しており、工事費を抑えられる利点がある。

 サービスは7月21日から開始。観光協会は白浜温泉旅館協同組合を通じて各宿泊施設にフリーワイファイをPRするチラシを配布するよう要請した。

 協会の担当者は「周知されればアクセス数が増えるのではないか。好評であれば、海水浴場設置期間だけでなく、常設することも検討したい」と話している。(張英壽)

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆