ニュース
» 2021年08月27日 08時47分 公開

羽田空港に無人決済店舗 27日オープン 商品を手に取るだけで支払い金額確定

搭乗前の急いでいるときに会計で並びたくない、新型コロナウイルス感染予防のために非接触で会計を済ませたいなど、多様化するニーズへの対応が狙いだ。

[産経新聞]
産経新聞

 羽田空港で27日、国内の空港としては初めて、無人決済ができる土産物店がオープンする。利用客は商品を手に取って決済エリアに行き、タッチパネルに自動的に表示される金額を支払うだけで買い物が完了。搭乗前の急いでいるときに会計で並びたくない、新型コロナウイルス感染予防のために非接触で会計を済ませたいなど、多様化するニーズへの対応が狙いだ。

羽田空港に明日オープンする無人決済システムを活用した空港ギフトショップ「ANA FESTA GO」=26日午後、東京都大田区(三尾郁恵撮影)

 無人決済が導入される店舗は、ANAグループが運営する「ANA FESTA GO」(エーエヌエー・フェスタ・ゴー)。羽田空港第2ターミナル地下1階にあり、営業時間は午前8時〜午後8時。

 26日には店舗が報道公開され、棚から複数の商品を手に取り、出口手前の無人レジに進むと、タッチパネルに購入商品の一覧と料金が正確に表示された。店内に設置された人工知能(AI)搭載のセンサーカメラが、購入商品の種類や個数を自動認識する仕組みだ。

羽田空港に明日オープンする無人決済システムを活用した空港ギフトショップ「ANA FESTA GO」=26日午後、東京都大田区(三尾郁恵撮影)

 交通系電子マネーやクレジットカード、現金のいずれかで会計が可能で、ANAカードの割引やマイルの積算にも対応。店内が混雑するのを避けるため、入り口に設置されたセンサー付きゲートにより、入店人数を常に10人以内に保つという。将来的にはマイルでの買い物もできるようにしたい考えだ。

 ANAグループの担当者は「全国の空港で無人決済店舗を展開していきたい」と話している。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆