ニュース
» 2021年08月31日 07時40分 公開

オムロン、搬送ロボットの運用効率高めるソフト

複数台まとめて走行をシミュレーションしたり、走行実績を「見える化」したりする機能を加え、ロボット配備の前でも後でも導入効果の検証などをできるようにした。

[産経新聞]
産経新聞

 オムロンは30日、メーカーの工場で自律走行しながら部品などを運ぶロボットを効率的にコントロールできるソフトウエアを9月1日から提供すると発表した。複数台まとめて走行をシミュレーションしたり、走行実績を「見える化」したりする機能を加え、ロボット配備の前でも後でも導入効果の検証などをできるようにした。

搬送ロボットを効率的に運用できるオムロンのソフトウェア「Flow core 2.1」の使用イメージ

 製造工程の自動化に貢献し、人手不足の解消や、新型コロナウイルスの感染対策としての「密」回避を後押しする。

 ソフトウエア「Flow core(フロウ コア)2.1」は、これまで別々に制御していた異なる3タイプのロボットをまとめて制御し、連携しやすくした。

 複数台をコンピューター上でシミュレーションし、導入の効果や課題を配備前に検証できるようにした。配備後もロボットが動いたルートや停滞する場所などの情報を常に集め、端末画面で図示し、運用効率の改善につなげられるようにする。

 これまで互いにタイプが異なる搬送ロボットを工場で使い始めるには、実際にロボットを工場に置いて動きの検証を行う必要があった。しかし新機能を使えばコンピューター上だけで検証でき、実際に使い始めるまでの準備時間を大幅に短縮できる。

 オムロンは、30〜40台のロボットを導入する工場で約半年かかった準備期間の半減を目指す。利用料は年会費制で、契約件数は今年度中に従来の倍増を目指す。オムロンは世界約40カ国の数百社以上に搬送ロボット数千台を導入しており、世界シェアのトップを占める。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆