ニュース
» 2021年09月07日 07時58分 公開

全日空、機内食のネット販売100万食突破

新型コロナ禍で飛行機による旅行が難しい中、機内食で雰囲気だけでも楽しみたいとの需要に加え、常備食として保管できる便利さも好評の理由という。

[産経新聞]
産経新聞

 「旅気分を味わえてうれしい」「温めてすぐに食べられるので便利」。全日本空輸は6日、昨年12月からインターネット通販で一般向けに販売している機内食の販売数が100万食を突破したと明かした。新型コロナ禍で飛行機による旅行が難しい中、機内食で雰囲気だけでも楽しみたいとの需要に加え、常備食として保管できる便利さも好評の理由という。

一般向けに販売された機内食の一例(ANAホールディングス提供)

 ANAホールディングスによると、利用客から「旅行へ行った気分を味わいたい」「自宅でも楽しくなるような食事をしたい」などの声を受け、実際に全日空の国際線で提供されたメニューの販売を行っている。

 冷凍食品のため賞味期限は長く、コンパクトな容器で収納しやすい。自宅でのテレワークが広がる中、バラエティー豊かな食事をストックできると利便性を評価する声も寄せられているという。

販売されている機内食の一つ「紅鮭の彩りご飯」

 12食セットで9000円(税、送料込み)。これまで3種類各4食だったが、より多くのメニューを楽しめるよう、新たに8月30日から6種類各2食のセットも加わった。

 担当者は「当初はこれほど受け入れてもらえるとは想像していなかった。正直驚いている。コロナ収束後も販売を継続する予定」と話している。

 機内食のネット販売をめぐっては、日本航空も今年7月からスタート。こちらも好評を博しており、今月13日からは第4弾として、人気店のシェフが監修したメニューなどが販売されるという。

販売されている機内食の一つ「チキン南蛮丼」

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆