ニュース
» 2021年09月08日 08時03分 公開

「アバター」活用で新たな社会づくり目指す 阪大大学院教授ら新会社

2025年大阪・関西万博のプロデューサーを務めるロボット工学者で、大阪大学大学院の石黒浩教授らが、遠隔操作で自らの「分身」を扱う「アバターの技術」を実社会に応用し、新たな社会づくりを目指す企業「AVITA(アビータ)」を設立した。

[産経新聞]
産経新聞

 2025年大阪・関西万博のプロデューサーを務めるロボット工学者で、大阪大学大学院の石黒浩教授らが、遠隔操作で自らの「分身」を扱う「アバターの技術」を実社会に応用し、新たな社会づくりを目指す企業「AVITA(アビータ)」を設立した。最高経営責任者(CEO)に就任した石黒教授は「アバターを社会に実装し、そのうえで多くの問題を発見していく。世界を変革するビジネスをつくっていきたい」と話している。

これまでに開発した自律ロボットとともに撮影に応じる石黒浩CEO(後列中央)と西口昇吾COO(同左端)ら=7日、東京都渋谷区

 アビータは今年6月1日に設立。アバターによるサービス事業、プロデュース事業を行い、2023年には企業向けの事業展開を、2025年万博のタイミングで、アバターロボットのローンチ(立ち上げ)をそれぞれ目指す。大阪ガスやサイバーエージェント、塩野義製薬のほか、凸版印刷、特殊流体制御機器メーカーのフジキンと事業連携している。社名は、ラテン語で生命を意味するビータと、アバター(avatar)を組み合わせた。

 自らの分身のように遠隔操作を行える「アバター」をめぐっては、アバターロボットを活用した疑似旅行体験サービスを、ANAグループのロボットベンチャーが今夏、試験的に実施。社会の各分野に応用できる技術として注目が集まっている。

 最高執行責任者(COO)を務める西口昇吾氏は「まずは入口として接客販売を行う予定」とし、「将来的にはヘルスケア、診療、カウンセリング業務など幅広い展開を考えている」と語った。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆