ニュース
» 2021年09月24日 08時50分 公開

脱炭素関連の特許出願情報、AIで検索 日本特許情報機構と三菱電機が共同開発

日本特許情報機構と三菱電機は、人工知能(AI)を使って特許出願情報の中から脱炭素技術に関連する出願を高精度で探し出す手法を共同開発した。

[SankeiBiz]
SankeiBiz

 日本特許情報機構と三菱電機は、人工知能(AI)を使って特許出願情報の中から脱炭素技術に関連する出願を高精度で探し出す手法を共同開発した。同機構知財AI研究センターが米グーグルの技術を基に確立した特許明細書を読み込めるAIと、脱炭素技術に関する三菱電機の知見を連携。脱炭素技術に関連する適切な特許明細書情報を同AIに学習させることで、精度の高い自動判別を実現した。また両者は、開発した手法を活用してエネルギー関連産業や運輸・製造関連産業などの分野における脱炭素技術の出願企業ランキングも作成した。

Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆