ニュース
» 2021年10月08日 08時06分 公開

製紙大手、木材新素材「CNF」に活路 収益確保へ用途探る 日本製紙は化粧品

製紙各社が、軽さと丈夫さを兼ね備えた木材由来の新素材「セルロースナノファイバー(CNF)」の用途開拓を急いでいる。

[産経新聞]
産経新聞

 製紙各社が、軽さと丈夫さを兼ね備えた木材由来の新素材「セルロースナノファイバー(CNF)」の用途開拓を急いでいる。日本製紙は、CNFを原料に使った化粧品を開発し、子会社を通じて市場参入する。王子ホールディングス(HD)は、ガラス窓の代替を狙う。各社とも、製紙事業で培ったノウハウや日本の豊富な木材資源を生かせるCNFを新たな経営の柱に育て、紙需要の減少による収益減を補いたい考えだ。

日本製紙が増強したセルロースナノファイバーの実証生産設備=静岡県富士市の富士工場

 CNFは、木材繊維をナノ(1ナノは10億分の1)メートルレベルまで解きほぐした機能性素材だ。軽さや丈夫さ以外にも、木材由来で入手しやすく製造時の二酸化炭素(CO2)排出量が少ないなど多くの特長があり、「夢の素材」とも呼ばれる。既に化粧品や食品で保湿効果を高めたり、食感を高めたりするのに使われており、電気をためる作用もあるため蓄電池への応用研究も進みつつある。

 日本製紙は、子会社の日本製紙パピリア(東京都千代田区)を通じてスキンケア化粧品の新ブランド「BIOFEAT.(バイオフィート)」を立ち上げ、CNFを原料に使った化粧水や洗顔料など4商品を15日から販売する。ファンケルが製品化や生産で協力。CNFが保水性に優れている点や環境にやさしい点をアピールし、2025(令和7)年度に5億円の売上高を目指す。

 日本製紙はほかにも東北大と、レアメタル(希少金属)が不要な高性能蓄電池の開発に今年から着手。石巻工場(宮城県石巻市)にある世界最大級の量産設備などに加えて、7月に富士工場(静岡県富士市)でCNFを混ぜた強化樹脂のサンプル品を作る設備を増強した。今回の化粧品市場への参入で、紙以外の事業を育成するとともに、CNFの生産拡大を図る。

 CNFの用途開拓には他の製紙大手も力を入れる。王子HDは、CNFを透明なポリカーボネート樹脂に混ぜた新素材の開発を急ぐ。ガラスに近い剛性を確保でき、軽量化も可能といい、30年までの電気自動車(EV)やドローン(無人航空機)への採用を目指す。中越パルプ工業は6月に発売されたスニーカーの靴底にCNFが採用された。ゴムに練り込むと靴底の摩耗を約4割減らせるという。

 調査会社の矢野経済研究所によると、CNFの出荷金額(世界)は21年の見込みで53億7500万円。現時点では添加剤としての活用が中心でそう多くない。ただ、30年には258億円まで拡大するとみており、樹脂と混ぜて石油由来の樹脂から置き換えたり、使用量の多い自動車用部材に採用が広がったりすれば、それ以上の市場拡大が期待できそうだ。

 日本製紙連合会の野沢徹会長(日本製紙社長)は「CO2削減やEV化といった社会的要請に応えるための一つの材料として、製紙業界も期待に応えていきたい」と話す。(井田通人)

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆