ニュース
» 2021年10月18日 09時30分 公開

サイバー攻撃「世界の安保脅威」 日米欧30カ国 情報共有や資金遮断で協力、中露対抗へ

身代金要求型ウイルス「ランサムウエア」を使ったサイバー攻撃が「グローバルな安全保障上の脅威だ」との認識で一致。

[産経新聞]
産経新聞

 【ワシントン=塩原永久】日米欧など30カ国・地域がサイバー攻撃対策を話し合うオンライン国際会議が14日、2日間の日程を終えた。身代金要求型ウイルス「ランサムウエア」を使ったサイバー攻撃が「グローバルな安全保障上の脅威だ」との認識で一致。ロシアや中国などからの攻撃に対抗するため、各国間の情報共有を進め、不法な資金移動の取り締まりなどで協力を深める方向になった。

 主催したバイデン米政権が発表した共同声明によると、サイバー攻撃を防ぐ情報システムの強靭(きょうじん)化や、ハッカーの捜査・訴追に向けた司法当局間の協力、中露などハッカー集団をかくまう国への外交的圧力の強化なども議論された。

 攻撃された企業が情報システムの復旧を急ぎ、水面下で身代金を渡すケースが目立ち、犯行を助長しているとの批判がある。そのため、参加国・地域が、被害者と司法当局、政府サイバー対策部門の間での「情報共有を促す適切な手段」を検討することとした。

 また、身代金のやり取りやハッカーによるマネーロンダリング(資金洗浄)を封じるため連携し、ランサムウエアを駆使する犯罪集団が「金もうけ」できなくなるような抑止策に協力して取り組むとした。

 会議には日本、英国、ドイツ、欧州連合(EU)、オーストラリア、インド、韓国、イスラエル、ウクライナなどから、閣僚や政府高官が参加した。ロシアなどは招待されなかった。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆