ニュース
» 2021年11月22日 07時44分 公開

“利き脳”片付け術 左右タイプ知り、家も心もスッキリ円満(2/2 ページ)

[産経新聞]
産経新聞
前のページへ 1|2       

 「こんなに凝った生地の服、今は見ませんよね」と筆者はカメラに見せた。

 「本当に好きならば処分せず、罪悪感も持たなくていいですよ。左右脳タイプは、自分のこだわりに従うほうがうまくいく」と下村さん。心が楽になった。「ただし、着ている服とは分けてしまうこと」

トランクルームの活用も

 アドバイスに従って服を、良く着る=1軍、たまに着る=2軍、着ていない=3軍に分類。3軍は箱に詰める。保管場所は布団などを捨てて確保したが、トランクルームに預ける選択もあると提案された。

 「距離を置くことで執着が消える場合も多い。モノを循環させ、他の方に譲る機能もあるので活用してほしい」と下村さん。受講者の15%がトランクルーム利用につながっているそうだ。

 トランクルーム大手のキュラーズが今月発表した調査では、業界市場はこの10年間で倍増の670億円に拡大。5年後には1千億円を超えるとの試算もある。

 首都圏では新築マンションの価格高騰とともに居住面積が縮小傾向。今や片付けは生きる術だ。それぞれの正解を探していきたい。(重松明子)

前のページへ 1|2       

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆