ニュース
» 2021年12月09日 09時17分 公開

ソニー、バラの花も優しくつかむ新ロボ

圧力分布を把握するセンサーと物体までの距離を測るセンサーを指先に仕込んだことで、特性の分からない未知の物体を丁寧に取り扱うことができる。

[産経新聞]
産経新聞

 ソニーグループは7日、人の手の繊細な動きを再現する新たなロボット技術を公開した。圧力分布を把握するセンサーと物体までの距離を測るセンサーを指先に仕込んだことで、特性の分からない未知の物体を丁寧に取り扱うことができる。介護現場などの産業向けと家庭向けの両方での活用を想定し、早期の実用化を目指す。

ソニーのセンサーの新技術により、ロボットでもバラの花を丁寧につかむことができる=7日、東京都港区(米沢文撮影)

 圧力分布センサーで物体の滑りの前兆をリアルタイムで検知することで、適切な力で物体をつかむ。また、距離センサーで物体までの距離を把握することで、適切な位置や姿勢で物体を持つこともできる。バラの花やケーキのようなやわらかい物体でも、滑り落としたり壊すことなく丁寧に取り扱うことができる。

 令和4年度に介護施設での実証実験を行う。まずは利用者に飲み物や体温計を運ぶなど、人手不足の解消に貢献する。人の呼びかけに反応して手助けすることも検討する。介護現場以外では、食品の工場や販売現場での活用も想定している。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆