ニュース
» 2022年01月21日 07時57分 公開

東京海上ホールディングス社長 小宮暁さん(61) 脱炭素など社会課題解決力を上げる

不確実な時代だからこそ、改めて原点に戻る必要がある。当社の事業活動である『社会課題解決』の力をもう一段高いレベルに引き上げたい

[SankeiBiz]
SankeiBiz

――今年の抱負は

 「昨年5月に発表した中期経営計画では、修正最終利益5000億円超(令和3年3月期は4460億円)、修正ROE(株主資本利益率=株主のお金を使ってどれだけ効率よく稼いだかを示す指標)12%程度(同11.5%)を目標に掲げたが、計画最終年度の5年度には達成できる。とはいえ、不確実な時代だからこそ、改めて原点に戻る必要がある。当社の事業活動である『社会課題解決』の力をもう一段高いレベルに引き上げたい」

インタビューに応じる東京海上ホールディングスの小宮暁社長(西村利也撮影)

――社会課題解決とは

 「脱炭素や中小企業支援、ヘルスケア、サイバーリスクといった分野はまさに社会課題で、保険会社として顕在化されるリスクへの取り組みを進めていく。例えば、再生エネルギー分野での協業や投資拡大、中小企業での後継者不足やサイバー攻撃への対策に関連する保険商品・サービスの提供に取り組んでいきたい」

――多発する自然災害リスクへの対応は

 「気候変動により自然災害が激甚化する中で、その影響を抑えるために実施できることはたくさんある。(災害による保険金支払いの急増で)経営の屋台骨が崩れないよう、保険会社として安定的に成長できるビジネスにしないといけない」

――そのために必要なことは

 「リスクの分散化と海外事業のさらなる拡大だ。5年度までには利益の半分以上を海外事業で稼げるようにする。今後は保険契約者へのリスクの早期検知やサービス提供の迅速化、再発防止といった事業を広げていく」

Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆