ニュース
» 2022年02月04日 08時31分 公開

専用道で無人化トラック、京都・城陽市に新物流拠点

ICに直結した専用道を設け、先頭車両以外は無人化した「隊列走行トラック」などを受け入れることで物流の効率化を図る。

[産経新聞]
産経新聞

 三菱地所、伊藤忠商事などは3日、建設が予定されている新名神高速道路・宇治田原インターチェンジ(IC、仮称)最寄りの京都府城陽市奈島に「次世代基幹物流施設」を建設する計画を発表した。ICに直結した専用道を設け、先頭車両以外は無人化した「隊列走行トラック」などを受け入れることで物流の効率化を図る。高速道路直結型の物流施設は日本初としており、令和8年の完成を予定する。

インターチェンジに直結した次世代基幹物流施設の完成予想イメージ(三菱地所提供)

 計画では、三菱地所が約12万平方メートルの敷地に延べ床面積約28万平方メートルの物流施設を建設するほか、伊藤忠商事と東急不動産が約8万平方メートルの敷地に計約19万平方メートルの物流施設3棟を建てる。

 専用道は三菱地所と東急不動産が整備する。ICから長さ約560メートルの専用道を作ることで、一般道に降りることなく車両の乗り入れが可能に。それに伴い、隊列走行トラックや自動運転トラックの受け入れが可能になり、運転手の不足や高齢化など物流業界が抱える課題解決の一助としても期待がかかる。

 府は新名神を活用した物流拠点整備構想を掲げ、城陽市東部丘陵地(約420万平方メートル)の土地活用を目指す。府庁でこの日会見した奥田敏晴市長は「まちづくりの励みになる」、西脇隆俊知事は「国土軸の強化や関西の発展につながる」と述べた。(平岡康彦)

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆