ニュース
» 2022年02月07日 08時31分 公開

「宇宙はエキサイティングな時代に」 星出さん会見

国際宇宙ステーションでの長期滞在を終えて日本に一時帰国した宇宙飛行士の星出彰彦さんが4日、オンラインで会見し「民間活動が活発化し、月や火星探査計画なども進められ、宇宙は非常にエキサイティングな時代。その中でミッションを確実に遂行できたことは光栄だ」と振り返った。

[産経新聞]
産経新聞

 国際宇宙ステーション(ISS)での長期滞在を終えて日本に一時帰国した宇宙飛行士の星出彰彦さん(53)が4日、オンラインで会見し「民間活動が活発化し、月や火星探査計画なども進められ、宇宙は非常にエキサイティングな時代。その中でミッションを確実に遂行できたことは光栄だ」と振り返った。

一時帰国し、オンラインで会見する宇宙飛行士の星出彰彦さん

 星出さんは3回目の宇宙飛行で、昨年11月に地球に帰還。宇宙滞在中は日本人2人目となるISS船長を務めた。

 ISSの運用期限をめぐっては米航空宇宙局(NASA)が2030年まで延長する意向を表明している。星出さんは船外活動などでISSの設備更新作業に携わった経験を振り返り、「ISSは新しい技術を取り込んで機能は向上している。まだまだ使えるのではないか」と語った。

 また、多くの民間企業が宇宙開発に参入している現状について、「宇宙はもはや一握りの宇宙飛行士ではなく多くの一般の人たちが行ける時代だ。新しいアイデアを持った民間の方々が宇宙活動に参加することで、全体の裾野が広がっていく」と期待感を語った。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆