ニュース
» 2022年02月15日 07時54分 公開

パナソニック、ミスない工場へ AIで部品実装自動化

パナソニックは14日、電子部品を基盤に組み込むための工場の実装ラインで、人工知能を使った自動化サービスの提供を始めると発表した。

[産経新聞]
産経新聞

 パナソニックは14日、電子部品を基盤に組み込むための工場の実装ラインで、人工知能(AI)を使った自動化サービスの提供を始めると発表した。電子部品の実装は電気自動車(EV)の普及などで成長が見込まれるが、製造現場では人手不足と、新型コロナウイルス禍による需給の急変に対応できる自動化のニーズが高まっている。同社は将来的な24時間365日止まらない工場の実現へ向けさらなる開発も進める。

パナソニックが提供する電子部品実装ライン自動化のイメージ(同社提供)

 AIによる実装ラインの自動化は、生産現場と計画立案の2つの領域からなる。生産現場ではこれまで人の勘と経験に頼っていた工程をAIが担ってミスを最小化することに加え、トラブルからの復旧を自動化する。令和4年度以降は消耗品の補給を自動化する製品も投入する。一方、計画立案では現場からのデータをもとに変動する需給に対応した計画を自動で立てる。

 オンラインで会見した同社でシステム事業の責任者を務める樋口泰行専務執行役員は「パンデミック(世界的大流行)に伴う需給の変化に設備の増強だけでは対応できない。不測の事態に対応して自律的に稼働できる工場を目指す」と話した。

 パナソニックは電子部品実装機で業界トップの約3割のシェアを誇る。実装機の世界市場は年5%以上の成長を続けており、同社は自動化の仕組みを提供することで、12年に自動化事業全体で4千億円の売上高を目指す。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆