ニュース
» 2022年02月28日 08時29分 公開

大和ハウス工業社長 芳井敬一さん(63) 次期中計、データセンター事業強化が柱

中計のポイントの一つはデータセンター(DC)事業で、今後、ビジネスの柱になるだろう。

[SankeiBiz]
SankeiBiz

――5月に第7次中期経営計画を発表する。注力する点は

 「中計のポイントの一つはデータセンター(DC)事業だ。今後、ビジネスの柱になるだろう。千葉県印西市では日本最大のDC団地の開発を進めているが、自治体の要望があれば他県でも建設を検討する。また、単に施設を建てるだけでなく、内部設備の開発・設置も自ら手掛けていく考えだ。これにより、事業の請負額が大幅に上昇する。電力の消費量を抑えるなど、環境にも配慮していく」

大和ハウス工業の芳井敬一社長(黒川信雄撮影)

――米国での戸建て住宅など海外事業が好調だ

 「米国だけでなく、欧州やオーストラリアにも力を入れていく。また、マンション事業で特に注力しているのは中国だ。多数の日本人技術者を現地に駐在させ、メンテナンスなどに従事させている。これによりアフターサービスへの評価が高まり、好調となっている。人口の大幅な増加が見込まれるインドネシアでは、物流事業などを強化していく」

――資材価格の高騰が懸念される

 「資材の調達価格は上昇しており、商品価格に転嫁するほかないだろう。ただ、現在の住宅と以前の住宅では、省エネ機能などが全く違う。長期間住み続ければ、生活コストが下がるという点を顧客に説明していきたい。初期投資が増える分、住宅ローンを組むためには所得の上昇が不可欠だ。政府にはしっかりと対策をとってほしい。わが社も今春、3%超の賃上げを目指す」(黒川信雄、写真も)


よしい・けいいち 中大文卒。平成2年大和ハウス工業入社。海外事業部長、常務執行役員などを経て29年11月から現職。令和元年6月から最高経営責任者(CEO)を兼任。大阪府出身。

Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆