ニュース
» 2022年03月09日 08時01分 公開

キリンビール社長 堀口英樹さん クラフトなど新たな酒の楽しみ提案

消費の二極化が起き、楽しみを求めて高い商品にもお金を支払う意識が見られる。

[SankeiBiz]
SankeiBiz

――新型コロナウイルス感染拡大が消費者に与えた影響は

 「消費の二極化が起き、楽しみを求めて高い商品にもお金を支払う意識が見られる。(高付加価値商品の)クラフトビールや家庭用ビールサーバー、レモンサワーなどが受け入れられる環境になった。健康意識の高まりで糖質ゼロビールも注目された」

キリンビールの堀口英樹社長(加藤園子撮影)

――一方で飲み会離れが指摘されている

 「コロナ禍前に100%は戻らない可能性があるが、やっぱりお酒のある世界は楽しいということを、商品やサービスを通じて提案するのがわれわれの役目だ。日本のビールは比較的味が限られていたが、クラフトビールや(缶酎ハイなどの)『RTD』はぐっと可能性を広げてくれる」

――クラフトビールは昨年、新発売し、好調だ

 「ビール市場は長期的に縮小傾向にある。新たなお酒の楽しみを提案することが、市場の活性化や収益性の向上に貢献していく。キリンのフロンティアスピリットは大事にしたい。クラフトビールも先んじて提案することで、ノウハウが蓄積でき、顧客にも印象を持っていただける」

――急逝した布施孝之前社長の後任となる

 「ブランドを成す品質や技術、思いはDNAとして引き継いでいく。一方でお客の行動変化にどう対応するかは新たなチャレンジだ。布施はいい形で業績を回復させてきた。重たいバトンを受けたと感じている」(加藤園子、写真も)


ほりぐち・ひでき 慶大商卒。昭和60年キリンビール入社。米フォアローゼズディスティラリー社、小岩井乳業、キリンビバレッジの各社長を歴任。令和4年1月から現職。神奈川県出身。

Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆