ニュース
» 2022年04月14日 07時27分 公開

田辺三菱製薬社長 上野裕明さん(63) 安全な植物由来コロナワクチン 国内製造も検討

カナダの子会社メディカゴの新型コロナウイルスワクチンがカナダ政府に承認された。

[SankeiBiz]
SankeiBiz

――カナダの子会社メディカゴの新型コロナウイルスワクチンがカナダ政府に承認された

「カナダ政府と最大7600万回分を納入する契約を結んでいる。日本でも承認申請し、日本政府とも供給契約について議論していくことになる」

インタビューに答える田辺三菱製薬の上野裕明社長=大阪市中央区(南雲都撮影)

――植物由来のコロナワクチンは世界初だ

「臨床試験(治験)で発熱の割合が非常に低く、安全性は高いのではないか。2〜8度の冷蔵で保存できることもメリットだろう」

――供給体制の見通しは

「カナダ・ケベック州で建設中の新工場がフル稼働すれば年間10億回分を製造することができる。現在の工場は設備の増強と製造技術の改良を進めており、カナダ政府と契約している7600万回分については、2024年にそこまで持っていきたい。日本での製造についても検討する必要がある」

――3回目接種と小児への治験はどうか

「ブースター接種(3回目接種)の治験は計画段階だが、早いうちに着手したい。小児の治験に関してはカナダ政府からも要請があり、いきなり乳幼児からではなく年齢が高い小児から段階的に年齢を落とし、最終的に2年半くらいかけることになる」

――ワクチン事業に取り組む意義は

「ワクチン事業の海外展開を見据え、コロナ禍の前にメディカゴ社を子会社化した。植物由来のワクチンの提供は、コロナ克服へ世の中に新たな選択肢を示すという当社の社会的な使命だ」

(井上浩平)


うえの・ひろあき 東工大大学院理工学研究科修士課程修了。昭和58年三菱化成工業入社。平成19年田辺三菱製薬発足後、26年執行役員、CMC本部長および創薬本部長を歴任。30年常務執行役員。令和2年4月から現職。愛知県出身。

Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆