ニュース
» 2022年04月28日 07時29分 公開

味、原材料……アイデア入力でAIがレシピ キリンビバ、新商品開発に活用

開発工程のデジタルトランスフォーメーション(DX)で、高いレベルの品質が求められる健康関連商品の開発を加速させる。

[産経新聞]
産経新聞

 キリンホールディングス(HD)子会社で清涼飲料大手のキリンビバレッジが、商品開発に人工知能(AI)を導入することが27日、分かった。熟練開発者の思考パターンを基にした専用ツール「アセスメントAI」の開発に成功し、4月から試験運用を始めた。開発工程のデジタルトランスフォーメーション(DX)で、高いレベルの品質が求められる健康関連商品の開発を加速させる。

インタビューに応じるキリンビバレッジの吉村透留社長=26日、東京・中野(岩崎叶汰撮影)

 産経新聞のインタビューに応じたキリンビバレッジの吉村透留(とおる)社長は、「ルーチンをAIに任せることで、よりおいしく、より機能性の高い商品を考案する時間に充てていく」と述べた。

 アセスメントAIは、過去に開発したレシピとノウハウをデータベース化。味や原材料など新商品のおおまかなアイデアを入力することで、類似レシピや適正包材を複数提供する。同時に関係法令や製造工程条件など、品質リスクとなりうる事象を提示する。

 清涼飲料の開発で、工程条件や関係法令のリスク評価をレシピ提案と同時に行うAIは珍しい。

 キリングループでは、ビールの商品開発でもレシピ候補を示すAIを導入している。清涼飲料はより原材料の幅が広く、開発者の経験次第では、レシピや品質リスクの確認に膨大な時間がかかっていた。特に新しい健康領域はまだ知見が少ない上に、乳酸菌など扱いの難しい素材を使用するケースがあり、多くのデータを蓄積する必要があった。

吉村氏は「経験が浅くても、斬新なアイデアを持った人が商品開発に携わることもできる」と話す。

 清涼飲料をめぐっては、新型コロナウイルス禍に伴う外出自粛の影響で市場が縮小。キリンは、付加価値の高い健康領域を新たな成長の柱に据えており、3月に全国展開を始めた機能性表示食品の飲料「キリンiMUSE朝の免疫ケア」など新規性の高い商品開発を進めている。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆