ニュース
» 2022年05月12日 07時54分 公開

富士フイルムビジネスイノベーション社長 浜直樹さん(59)ソリューション事業を中核に複合機拡大

まずは顧客の発展を手助けするソリューション事業を中核に、次に複合機事業を拡大する。

[SankeiBiz]
SankeiBiz

――4月1日付で社長に就任した

 「自分の使命は3つ。まずは顧客の発展を手助けするソリューション事業を中核にする。次に複合機事業を拡大する。商品を拡充しつつ、海外展開を強化したい。最後に、人事ローテーションや研修の充実によって社内に挑戦する風土を根付かせたい」

インタビューに応じる富士フイルムビジネスイノベーションの浜直樹社長

――富士ゼロックスから社名が変わり1年たった

 「米ゼロックスとの技術契約が切れた。30社あった販売会社を統合したり、HOYAのIT子会社を買収したり、激動期だった。今年度は当社の価値を顧客に具現化して届ける年にしたい」

――ソリューション事業を強化する上での課題は

 「世の中の変化を先読みしたソリューションサービスを展開したい。販社を統合し、さまざまな業種の顧客データを一元化したことで、顧客が気付いていない困りごとを発掘し、改善策を提案できるようにした。国内グループ会社を含む全社員約2万人に対し、ITのテクニックをつける研修と、顧客の課題を発掘するための研修を実施し、全体のレベルを底上げする」

――複合機ビジネスはどう進化させるのか

 「海外展開を強化する。後発なので、勝てる国・地域、分野に限定して進めたい。具体的には、地域では欧州や中近東、中南米。最初にスタートするのはバングラデシュ。分野では、写真や商業印刷、医療関連は富士フイルムの販売ルートを活用する。また、品ぞろえを強化し、今後はゼロックス以外への製品供給を強化したい」(米沢文、写真も)


はま・なおき 慶大経卒。昭和61年、富士写真フイルム(現富士フイルムホールディングス)入社。高機能材料開発本部長などを経て、令和3年富士フイルムビジネスイノベーション取締役専務執行役員。4年4月から現職。東京都出身。

Copyright (c) SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆