ニュース
» 2022年06月08日 08時40分 公開

デジタル化で先見の明 出井伸之さん

「これからもデジタル・ドリーム・キッズでありたい」−。「デジタル・ドリーム・キッズ」とは平成7年、出井さんがソニー社長に就任した際、デジタル化路線を示すにあたって打ち出した名キャッチフレーズだ。

[産経新聞]
産経新聞

 「これからもデジタル・ドリーム・キッズでありたい」−。2日に亡くなったソニー(現ソニーグループ)の元会長兼グループCEO(最高経営責任者)の出井伸之さんは晩年まで、デジタル化の重要性や産業構造の転換を訴え続けていた。「デジタル・ドリーム・キッズ」とは平成7年、出井さんがソニー社長に就任した際、デジタル化路線を示すにあたって打ち出した名キャッチフレーズだ。

ロボット「AIBO(アイボ)」を手にする出井伸之氏=平成12年10月

 インターネットを通じて誰とでもつながれる世界が訪れることを見越し、その数年前からソニーのデジタル化を推進してきた。テレビやオーディオの売り切りビジネスをやめ、会社の形を大きく変えようとする路線転換には、社内外で反発があった。

 ソニーグループは令和4年3月期に本業のもうけを示す営業利益で初の1兆円超えを達成した。映画などのエンターテインメントと半導体を両輪に完全復活できたのは、歴代経営者が順番に変革に取り組んできたからだ。その出発点が出井さんのかけ声にあったのは間違いない。

 出井さんの経営で印象的なのは、ソニーというブランドの確立だ。常にカッコよさを求め、ソニーらしさとは何かを考えていた。かつての日本の製造業では見られなかった視点だ。

 本紙の連載企画「話の肖像画」のため、昨年秋に東京・赤坂のオフィスで4回にわたって取材に応じていただいた。中国・大連で迎えた幼少期から、指揮者・小澤征爾さんとの出会い、ソニーで初となる新卒で入社した生え抜きの社長時代、最近のベンチャー支援活動までさまざまな話をうかがった。連載をまとめながら出井さんの生涯をたどり、波瀾(はらん)万丈の生き方を目の当たりにした。

 出井さんは80代とは思えないほど目を輝かせ、もっと人生を謳歌(おうか)するという意欲に満ちあふれていた。新たな出会いや知識を吸収することに貪欲で、取材中も次々とオフィスにやってくる若手の起業家らと朗らかにあいさつを交わしていた。出井さんのエスプリ(精神)は確実に次の世代へと受け継がれていると感じた。(米沢文)

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆