ニュース
» 2022年06月09日 08時32分 公開

まだ間に合う「目指せ起業家世界一」 スタートアップW杯

米ベンチャーキャピタル(VC)大手のペガサス・テック・ベンチャーズ(カリフォルニア州)は8日、起業家を対象とした世界最大規模のビジネスプランコンテスト「スタートアップワールドカップ」の日本予選を7月21日に東京で、世界決勝戦を9月30日に米サンフランシスコで開催すると発表した。

[産経新聞]
産経新聞

 米ベンチャーキャピタル(VC)大手のペガサス・テック・ベンチャーズ(カリフォルニア州)は8日、起業家を対象とした世界最大規模のビジネスプランコンテスト「スタートアップワールドカップ」の日本予選を7月21日に東京で、世界決勝戦を9月30日に米サンフランシスコで開催すると発表した。日本で参加できる世界規模のコンテストはこれがほぼ唯一とされる。世界大会に優勝すると投資資金として100万ドル(約1億3000万円)が授与される。

記者発表後の記念撮影に応じるペガサス・テック・ベンチャーズのアニス・ウッザマン最高経営責任者(CEO、中央)=8日、東京都品川区(松村信仁撮影)

 7月21日に東京・六本木のグランドハイアット東京で開かれる東京予選には約200人の起業家が出場登録をする見込み。書類選考を通過した10人の起業家が、投資家や企業の新規事業担当者など約3000人の聴衆を前に、自社の技術やサービス、ビジネスプランを発表する。発表時間は30秒の映像と3分30秒のプレゼンテーションの合計4分。

 日本代表に選出されると、9月30日の世界決勝戦に出場できる。今年の世界決勝戦には、前年の2倍あまりの約70の国・地域の代表が参加する予定。

 6月8日に東京都内で開かれた記者発表会には、第1回の世界決勝戦で優勝した保育ITベンチャーのユニファ(東京都千代田区)の土岐泰之社長が登壇し、「世界一をとる気概のある起業家にはぜひ参加してほしい」と呼びかけた。

スタートアップワールドカップ第1回世界決勝戦で優勝したユニファの土岐泰之社長=8日、東京都品川区(松村信仁撮影)

 スタートアップワールドカップは2017年から年1回開催。19年の世界決勝戦には環境ベンチャーの日本環境設計(東京都千代田区)、20年には電力小売りのLooop(ループ、東京都台東区)が日本代表として出場した。

 記者発表会後、取材に応じたペガサス・テック・ベンチャーズのアニス・ウッザマン最高経営責任者(CEO)は「出場することで視野が広がったという起業家の声をよく聞く」と語った。世界決勝戦で優勝を逃しても、そこへの出場がきっかけとなり、海外のVCや個人投資家との接点ができ、資金調達につながったケースが数多くあるという。

取材に応じるペガサス・テック・ベンチャーズのアニス・ウッザマン最高経営責任者(CEO)=8日、東京都品川区(松村信仁撮影)

日本予選に出場したい起業家は、10日までにスタートアップワールドカップのホームページから登録、発表資料などを添付する。未上場のベンチャーを立ち上げた起業家なら誰でも応募できる。(松村信仁)

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆