ニュース
» 2022年06月14日 08時12分 公開

成田空港に警備ロボット AI搭載、自律走行は国内初

人とロボットの力を合わせた警備体制を構築し、人手不足に対応しながら安全確保を目指す。

[産経新聞]
産経新聞

 成田国際空港会社は13日、セコム製のセキュリティーロボット「cocobo(ココボ)」1台を成田空港第2ターミナル3階出発ロビーに導入した。混雑状況の検知ができる人工知能(AI)を搭載した自律走行型巡回監視ロボットを導入するのは日本で初めてという。人とロボットの力を合わせた警備体制を構築し、人手不足に対応しながら安全確保を目指す。

成田国際空港会社はが導入したセコム製のセキュリティーロボット=13日、成田空港(前島沙紀撮影)

 ココボは、「威圧しない、威厳がある」をテーマにデザインされた警備ロボットで、“身長”は125センチ。正常時はライトが青色に点滅し、異常時は赤く光って音声が発せられる。

 成田空港では令和元年から同社製の警備ロボット「セコムロボットX2」を導入していたが、ココボは従来の機能に加え、混雑状況や放置物、倒れている人の検知をリアルタイムで防災センターに映像で通報できる。また、文字の表示や音声での注意喚起などで、より多くの状況に対応できるようになった。

 成田国際空港会社保安警備部の八重樫彰さん(40)は、「航空需要が戻りつつあるが、質が高く効率的な警備体制を構築し、空港利用者に世界最高水準の安全・安心・安定を提供するよう努める」と話した。運用状況や効果を踏まえ、今後も増台する方針だ。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆