ニュース
» 2022年08月03日 08時17分 公開

キリンビバレッジ社長、吉村透留さん(58) AIと「三現」で健康課題解決に挑戦

ルーティンはAIに任せ、よりおいしく、より機能性の高い商品を考案する時間に充てる。

[産経新聞]
産経新聞

――商品開発に人工知能(AI)を導入した

 「デジタル化に力を入れる。商品開発ツールの『アセスメントAI』は、狙った味を引き出すレシピを提案するほか、製造工程での品質リスクも提示する。これまで膨大な資料から開発者がチェックしていた。ルーティンはAIに任せ、よりおいしく、より機能性の高い商品を考案する時間に充てる」

キリンビバレッジの吉村透留社長(岩崎叶汰撮影)

――現場へのこだわりがある

 「工場など生産部門のキャリアが長く、現場、現物、現実を指す『三現(さんげん)』の重要性を理解している。人間の味覚は非常に敏感だ。AIのレシピは参考にするが、客に受け入れられる味かという微妙な部分を、三現で確かめることの重要性は変わらない。三現が大切なのはどの部門も同じ。消費者に関するデータ分析はするが、店で本当にその通り動いているのか観察すると、数字に現れない事実がたくさん分かる。現場で感じることを、社内SNS(交流サイト)でも社員に発信している」

――社長就任後、社員や客との対話を重ねる

 「改めて感じたのは、グループが目指す健康課題の解決に、キリンビバレッジの飲料事業が“どストライク”ということだ。独自素材『プラズマ乳酸菌』入り飲料や無糖・微糖飲料など、手に取りやすい商品を通じて、健康に寄与できる。高齢化が進む中、食品企業として未病・予防にどう貢献できるか。さまざまな手段があるはずで、挑戦にわくわくしている」(加藤園子)


よしむら・とおる 東大農卒。昭和63年キリンビール入社。キリンホールティングス執行役員グループ提携戦略担当ディレクター、常務執行役員経営企画部長兼キリンビール取締役などを経て、令和4年1月から現職。京都府出身

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆