ニュース
» 2022年08月05日 08時20分 公開

ガススプリングで作業負担を軽減する「マッスルスーツ」 東京理科大発ベンチャーが新製品

東京理科大発ベンチャー企業のイノフィスは4日、重量物を軽々と持ち上げられる装着型作業支援ロボットの新製品「マッスルスーツGS−BACK」を同日に発売したと発表した。

[産経新聞]
産経新聞

 重量物を軽々と持ち上げられるアシストスーツ(装着型作業支援ロボット)にガススプリングを採用した新製品「マッスルスーツGS−BACK」を、東京理科大発ベンチャー企業「イノフィス」(東京都新宿区)が4日、発売した。

イノフィスの装着型作業支援ロボ「マッスルスーツGS−BACK」=4日、東京都新宿区(松村信仁撮影)

 同社製の従来のアシストスーツは空気チューブを使った人工筋肉を使用してきたが、動きやすさの面で課題があった。ガススプリングの採用により、狭いところでもしゃがんだり立ったりといった動作がしやすくなった。

 最大で13重量キログラムの力をアシストし、腰などの負担を軽減する。電池を使わないため、スーツ自体の重さは約3.3キログラムと軽量化した。

 価格は15万9500円。同社のホームページまたは量販店などで販売している。

イノフィスの装着型作業支援ロボ「マッスルスーツGS−BACK」=4日、東京都新宿区(松村信仁撮影)

 イノフィスは、東京理科大工学部の小林宏教授の研究成果をもとに平成25年12月に設立。令和元年11月には15万円を切る低価格化を実現した装着型作業支援ロボ「マッスルスーツEvery(エブリィ)」を販売した。創立以来の装着型作業支援ロボの累計販売台数は2万台。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆