ニュース
» 2023年08月16日 09時05分 公開

チェックインは「顔」でどうぞ ホテルに広がる顔認証、待ち時間も短縮

アフターコロナで宿泊需要が回復する中、顔認証システムを活用してセルフチェックインができるホテルが増えている。

[産経新聞]
産経新聞

 アフターコロナで宿泊需要が回復する中、顔認証システムを活用してセルフチェックインができるホテルが増えている。混み合う時期でもフロントでの待ち時間が軽減できるといい、客室数1400を超える京王プラザホテル(東京都新宿区)も8月から同システムを導入。宿泊客からも「スムーズにチェックインできる」と好評だという。

顔認証によるチェックインの様子

 京王プラザホテルが顔認証チェックインを導入したのは8月3日。宿泊客は専用アプリに予約情報と合わせて顔情報を登録しておけば、ホテル内のタブレット端末での顔認証でスムーズにチェックインとカードキーの発行ができる。広報担当者は「現在は客室稼働率が80%を超え、フロントに行列ができることもあった。サービス向上の一環として取り入れた」と説明する。

 同様のシステムは東京ドームホテル(東京都文京区)や全国の東急ホテル、プリンスホテルのホテルブランド「プリンス スマート イン」、三井不動産グループが展開する「sequence(シークエンス)」も導入。宿泊客にも好評で「sequence|KYOTO GOJO」(京都市)では「スムーズにチェックインできてよかった」「目新しくて楽しかった」といった声が寄せられているという。

 これらのホテルにシステムを提供しているのがNEC。同社の顔認証技術は米国国立標準技術研究所(NIST)によるテストで何度もトップを獲得するなど精度が高く、他人によるなりすましや誤認のリスクも極めて低いという。

 同社は「顔認証チェックインの導入でホテルのスタッフが他の業務に割ける時間が増え、業務の効率化や顧客へのサービス向上にもつながる」としている。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆