三菱商事、GSを輸入EVディーラーに、3年後に全国で100店規模で本格展開

三菱商事は、米テスラや韓国ヒョンデなど海外電気自動車メーカーのディーラー事業を全国のガソリンスタンドで展開する。

» 2023年10月20日 08時52分 公開
[産経新聞]
産経新聞

 三菱商事は、米テスラや韓国ヒョンデなど海外電気自動車(EV)メーカーのディーラー事業を全国のガソリンスタンド(GS)で展開する。輸入EVの販売はEC(電子商取引)が主体で、地方にディーラーが少ないことから、地方のGSにディーラー機能を担わせ、輸入EVの販売を支援する。GSでは車両の展示、試乗、納車のほか、点検整備、タイヤ交換などを行い、収益拡大につなげる。子会社の三菱商事エネルギー(東京都千代田区)が事業検証を進め、3年後に全国100店規模で事業を本格展開する。

輸入EV「テスラ」の展示・試乗が行われている湘南菱油のガソリンスタンド「ENEOS セルフDr.Drive鎌倉SS」=神奈川県鎌倉市由比ガ浜(一部画像処理しています、遠藤一夫撮影)

 三菱商事エネルギーは、燃料油の特約店や同社が運営する自動車メンテナンス予約サービス「タイミー」を導入する全国約5千のGSを活用し、輸入EV向けにサービスを提供する事業の検証を今年から開始。第1弾として2月から3カ月間、熊本市の特約店が運営するカフェでヒョンデのEV「IONIQ5」の展示、試乗を実施した。現在は石川、富山、神奈川、大阪、宮城、熊本の6府県7店舗でテスラのEV「モデル3」を展示し、試乗の事前予約に「タイミー」を活用している。1年以内に10店舗に拡大し、3年後に全国100店規模で事業化する計画だ。

 複数のGSで試乗客が輸入EVを購入しており、同社はGSが輸入EVの販売支援拠点になるとみている。取り扱う輸入EVはテスラ、ヒョンデに限定しない方針だ。

 神奈川県横須賀市と鎌倉市のGSでテスラの展示、試乗を行う湘南菱油(横須賀市)の大庭大(まさる)社長は「EVが普及すれば給油需要は減少するが、GSはモビリティを支える社会インフラとしてEVユーザーに点検整備や車検、自動車保険、タイヤ交換、洗車などさまざまなサービスを提供できる」とし、運営する13のGS全店にディーラー機能を持たせる考えだ。

 輸入EVの販売支援では、ヒョンデの日本法人がJ−netレンタリース(名古屋市)と提携し、9月末からJネットレンタカー5店舗でヒョンデの「IONIQ5」の試乗、納車、レンタルを行っている。GSを輸入EVのディーラーに活用し、全国展開するのは三菱商事グループが初めて。GS活用は自動車流通の新たなビジネスモデルとなりそうだ。

copyright (c) Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

根来龍之

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

小尾敏夫

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

郡山史郎

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

西野弘

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

森田正隆

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆