連載
» 2007年12月18日 09時00分 UPDATE

女性カウンセラーに悩み相談:評価は高くても待遇が改善されない!――あるCIOのぼやき (1/2)

勤務評定で高い評価を受けたにもかかわらず、待遇が改善されない。自分はこのまま今の職場で頑張っていくべきか、転職覚悟で上層部にぶつかっていくべきなのか?

[ITmedia]

悩み相談

わたしは前回の勤務評定で高い評価を受けました。その際、わたしは会社からの車の支給を希望しました。ほかの上級幹部らは皆、支給を受けているからです。ですが、会社からの返答は「車の支給を受けたいのなら、昇給が1%減ることになる」というものでした。また、上級幹部に適用される退職後の所得保障制度についても尋ねてみたのですが、わたしにはこの制度の利用資格はないと言われました。いずれ状況が変わることを期待しつつ、わたしはこのまま今の職場で頑張っていくべきでしょうか? それとも、転職覚悟で、この“会員制クラブ”のような上層部にぶつかっていったほうがいいのでしょうか?


ほかの上級幹部と比べての不満の訴えは後回しに

 あなたのケースも含め、ほとんどの業界では、CIOは従来、ほかの上級幹部とは異なる立場として扱われてきました。幸いなことに、最近ではそうした状況も変わりつつあります。少なくともあと半年は今の職場に踏みとどまることをお薦めします。その間に、壁を打ち破る方法が見つかるかもしれません。

 CEOに対しては積極的に働きかけるべきですが、だからと言って、押しが強すぎるのもよくありません。CEOからの誘いを待つのではなく、自分のほうからCEOに話しかけてみましょう。そして、会社の収益アップやコスト削減につながるような事業戦略を提案してみてください。

 “ほかの上級幹部と比べて自分の給与が少ない”といった不満を訴えるのは後回しにして、まずはCEOや同僚との関係の構築に努めることです。転職に踏み切るよりも、こうした戦略を通じて自分の希望をかなえられないかを、まずは試してみてください。

kimBatson.jpg キム・バトソン氏(Career Management Coaching.com/ワシントン州サマミッシュ)

自分のスキルが会社のニーズに合致しているかを確認すべき

 今の会社を辞める前に、幾つか考えてほしい点があります。まずは、あなたに限らず、新参社員でありながら、既に会社の中枢部に組み込まれている人がいるのかという点です。そして、短期的および長期的に見て、自分のスキルが会社のニーズに合致しているかを改めて確認してみることも重要です。

 もし、自分の実力が会社が求めるレベルを上回っていると思えば、転職を考えるのもいいでしょう。ただし、すぐに転職活動を始めるつもりなら、今の会社での在職期間の短さについて今後いろいろ質問されることを覚悟しておくべきです。

 結論としては、あと半年は頑張ってみるよう、お薦めします。

ReneeArrington.jpg レニー・アリントン氏(Pearson Partners International/テキサス州ダラス)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2007 TechTarget, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆