特集
» 2008年01月28日 09時08分 UPDATE

米平和部隊のITスペシャリストたち:【第3回】前線からのインプット (1/2)

米平和部隊の国内ITスタッフの15%、海外ITスタッフの2%は、IT技術に関する知識を持ったボランティア出身だ。技術系の学位を持っている人や、技術系分野で部隊に貢献した元ボランティア、民間のIT部門で働いていた人も少なくない。

[Joan Indiana Rigdon,ITmedia]

 米平和部隊のHIV/AIDS活動ディレクター、ロン・キャンベル氏は、エド・アンダーソン氏のCIO就任を歓迎する1人だ。4年前、タンザニアのカントリーディレクターだったとき、キャンベル氏は異なるODがインストールされた数台のデスクトップ型「Macintosh」を利用していた。それらはマイクロソフトの「Word」のドキュメントの互換性すらなかった。

 Webサイト1つ読み込むのに20分もかかるため、インターネット接続もすぐに切った。だが、30人いたスタッフのうちコンピュータのトラブルシューティングができるスタッフはたった1人だけだったのだ。

 キャンベル氏がUSAID(米国国際開発庁)や米国大使館にメールを送ろうとしても、旧型のMacintoshで作成したファイルは2回に1回は壊れ、開くことができなかった。

 「本当に気が滅入ることばかりだった」と、キャンベル氏は当時を振り返る。

 アンダーソン氏が着任する直前、部隊のパソコンはWindowsに標準化された。またアンダーソン氏の下で、アムダール製の31ビットのメインフレームはUNIX環境へアップグレードされた。アンダーソン氏は現在、全世界で援助活動を行うスタッフが、信頼性の高いコミュニケーションを本部とだけでなく現地間でとれるようにするVPNの導入に取り組んでいる。

th_fig001.jpg

 キャンベル氏は、スタッフの頻繁な交代がそうしたITの変革をスムーズに進めていると考えている。部隊は定期的に新しい人材を採用している。また、本部で雇用するスタッフの多くは部隊の海外ボランティアを経験している。そのため、本部と現地との間には常に新鮮なコネクションが保たれている。

 事実、部隊の国内ITスタッフの15%、海外ITスタッフの2%は、IT技術に関する知識を持ったボランティア出身だ。また、技術系の学位を持っている人や技術系分野で部隊に貢献した元ボランティアに加え、民間のIT部門で働いていた人も少なくない。

 援助の現場を直接体験した経験を持つ元ボランティアは、その分野におけるITの活用方法について新鮮なアイデアを持ってやって来る。また、短期間で交代するためスタッフの間で緊張感が失われることなく、なれ合いもなくなる。「硬直的な官僚主義に陥らないという点でも有利だ」と、キャンベル氏は話す。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2007 TechTarget, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆