連載
» 2014年01月27日 08時00分 UPDATE

気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀:成長の原動力は会社の生き様をもっと「面白」くという発想(前編) (1/2)

ニッチな分野でオンリーワンのサービスを作ることが得意な面白法人カヤックは、競合と競うのではなく、新しい領域を切り開きオリジナリティを追求している。次々とユニークなサービスを生みだす組織は、どのように形成されているのか。

[聞き手:中土井僚(オーセンティックワークス)、文:小川晶子,ITmedia]

 面白法人カヤックは、鎌倉に本社を構える会社だ。2012年にできた横浜展望台オフィスには開放感が漂い、社員の雰囲気や個人の持っている名刺からは「面白いこと」を重要視した、自由な社風がうかがえる。

 「サイコロ給」――給料日前にサイコロを振って、出目で給料を決める制度は、知っている人も多いのではないだろうか。一風変わった社内制度が着目されることの多いカヤック。しかし、ユニークな社内制度が次々と生まれる仕組みや、同社のマネジメント手法については、いまだ多くは語られていない。

 代表取締役が3人、200人前後いる社員のうち8割がWebクリエーターという一風変わった組織構成で、どのように組織の成長性を維持しているのだろうか。その秘密を、柳澤大輔代表と執行役員で組織マネジメント業務を担当している(当時)佐藤純一氏に聞いた。

会社の生き様をもっと面白く。「会社そのものをコンテンツ化する」という発想。

yanasawa290.jpg 柳澤大輔代表

中土井:面白法人カヤックというと、「サイコロ給」(毎月給料日前にサイコロを振り、「(サイコロの出目)%×給料」が、+αとして支給される制度)や「スマイル給」(社員が毎月ランダムに誰か一人の長所を評価し、その評価が給与明細に記載される制度)がよく知られていて、ユニークさが話題になります。

 具体的にどのような事業を展開しているのかなど、会社全体を通しての特徴をまずは聞かせてください。

柳澤:会社を作ってから15年がたち、今は200人以上の規模の会社になりました。ウェブクリエーターが8割の会社で、その中でも6割がエンジニアです。基本的には技術者の集団です。

 「面白法人」と名付けているように、「会社そのものをコンテンツ化する」というコンセプトが大きな特徴です。「サイコロ給」とか「スマイル給」という面白い制度ができたのも、そういう考えから生まれているものです。会社そのものを使って、エンターテイメント化していこうとしています。

 受託的なビジネスと自社サービスをハイブリットで行っているのが特徴的です。

中土井:受託に関しては、どんな仕事の依頼が多いですか?

柳澤:面白がらせるとか、バズを起こすということに特化しているので、キャンペーンのような仕事の依頼が多いです。一方、自社サービスにおいては、ニッチな分野でオンリーワンのサービスを作ることが得意です。

 例えば、国内で建築家が最も多く集まっているサービスとか、素人の画家が4000人集まって絵を売るサイトなどがあります。音声を投稿するサービスである「こえ部」などもユニークなサービスです。

中土井:オリジナリティがあります。

柳澤:他とかぶらないものを作ろうという意識が強いので、ニッチだけどオンリーワンなものが多いですね。

 ちなみに、オリジナリティを追及するというのは、実はとても深く、競合と同じ領域で競い合いシェアを奪うのではなく、オリジナリティを発揮すれば、新しい領域を切り開くことができます。相手から奪うという発想から抜け出すために、オリジナリティがあります。そう考えると、オリジナリティは他人への優しさにつながります。

中土井:深いですね。とても面白い。

会社をコンテンツにして面白くしていこうという発想は、どこから湧いてきたのですか?

柳澤:会社設立時に、法人を人とみなす法律上の考え方を知り、ピンと来ました。会社も法人という人なんだったら、生き様を面白くしたらいいのじゃないかと思いました。

中土井:会社を人として見て、会社の営みを人としての生き様ととらえるんですね。なるほど!

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆