連載
» 2017年11月01日 07時20分 公開

あなたは大丈夫? 指示待ち人間を作るリーダー、5つのタイプ:タイプ2 叱れないリーダー (1/2)

「叱ると辞める」「パワハラにならないか?」「褒めて育てねば」と、あなたは叱ることに臆病になっていないか? 「叱らない」リーダーの態度からも、メンバーはメッセージを受け取っている。

[藤田智弥,ITmedia]

 この連載は、「指示待ち人間を作るリーダー5つのタイプ」を全5回にわたってお届けします。今回は2回目です。

「叱れない」の罪

 グローバル化、中途採用の増加、女性活用や再雇用の促進などで組織の多様化が進むと、より明確な指針やルールが必要になる。「タイプ1 聞き手の能力に頼りすぎるリーダー」で詳説した通りだ。

 では、指針やルールに従わないメンバーがいたら、どう対処すべきなのか? 例えば、「終業時に作業報告書を提出する」というルールがあるとする。これを怠るメンバーを放置すると、どうなるだろう?

 従わなくても許されるルールは、重要性が低いと受け止められる。重要性が低いと認識されると、従わなかった個人だけでなく、チーム全体が作業報告書を出さなくなる。「出せ」といえば、そのときだけは出すけれど、またすぐに出さなくなる。

 だから、指針やルールに従わないメンバーを放置してはいけない。リーダーとしては、ルールに従っていない事実を指摘し、ルールに従うことを要望しなければならない。

一貫しているか?

 期待しているメンバーは叱るのに、期待していないメンバーは叱らない。男性は叱るのに、女性は叱らない。年少者は叱るのに、年長者は叱らない。機嫌の悪いときには叱るが、機嫌の良いときには叱らない。これらの一貫性を欠く叱り方も、「重要ではない」というメッセージとなる。

 重要ではない指針に照らして、自発的な行動をとるメンバーなどいない。こうして叱れないリーダーは、知らず知らずのうちに指示待ち人間を作っている。

 叱るというフィードバックは、リーダーの重要な仕事だ。しかし、「叱ると辞める」「パワハラにならないか?」「褒めて育てねば」など、叱ることに臆病になっているリーダーが多い。

 叱るとは、「怒っている」という感情を伝えることでも、恐怖で相手をコントロールしようとすることでもない。相手を批判したり、裁くこととも違う。

 指針やルールに従って自発的に行動してもらうこと。それが、指示待ち人間を作らないために「叱る」目的だ。これを達成するためには、3つの要素が必要だ。(1)指針やルールが守られていない事実の提示、(2)その指針やルールが達成しようとしている目的の確認、(3)目的達成に向けた協力の要望である。

事実を提示しているか?

 「終業時に作業報告書を提出する」というルールに対して、「昨日もまた、作業報告書が出ていないぞ」「いつも作業報告書を出さないね」。これらの叱り方は、事実の提示といえるだろうか? 「また」や「いつも」は、事実を具体的に説明していない。「出していない」と決めつけるのも少し危険だ。「昨日の作業報告書をまだ受け取っていない」「先週は1回しか作業報告書を受け取っていない」など、事実だけを伝えたい。

 それでは、「作業報告書を夜中にLINEで提出するのは非常識だよ」。これはどうだろう? 叱るのは、守るべきルールがあらかじめ明示されていることが大前提だ。「終業時に作業報告書を提出する」というルールには、期限や報告の手段は定義されていない。この場合ルール違反ではないので、叱る対象にはしない。

 非常識だと決めつけることもしない。多様化が進む社会では、あなたの常識がみんなの常識とは限らない。想定外の行動を取るメンバーも登場するだろう。ルールをどのくらい詳細に設定すべきかは、「タイプ1 聞き手の能力に頼りすぎるリーダー」を参考にしてほしい。

目的を確認しているか?

 指針やルールに従わないメンバーは、目的を正しく理解していない場合が多い。「作業報告書を提出する目的は理解できているかな?」と確認してみることが必要だ。

 ある部品メーカーを経営するA社長が、作業報告を怠りがちな従業員に質問してみた。すると、「自分の1日を振り返り、課題や改善点などを整理するため」と答えた。これは、A社長が過去に伝えた言葉の通りだそうだ。ただ、課題や改善点を自分で整理することだけが目的だとすると、社長に報告する必要性は見いだし難い。

 そこでA社長は、「進捗(しんちょく)の共有も重要な目的だ。ある作業の遅れが他の作業に及ぼす影響を予測し、準備ができる。協力しあって納品期日を順守できれば、顧客の信頼も得られる」と伝えた。社長に報告する必要性が理解できた従業員は、それ以降、言われなくても毎日作業報告書を提出するようになったそうだ。

要望を伝えているか?

 目的を理解してもなお、従わないメンバーがいる。その指針やルールが、より上位の目的を達成するために有効ではない、効率的ではない。そう考えている可能性が高い。A社長の例でいえば、作業報告による「進捗の共有」が「納期の順守」と「顧客の信頼獲得」を実現できると信じていない場合だ。

 この場合は、「終業時に作業報告書を提出する」というルールは、一つの手段にすぎないことを伝える。「納期の順守」と「顧客の信頼獲得」が実現できるのであれば、他の手段でもよい。もっとよい方法を提案してくれたら、チームで議論したい。ただし、チームが合意するまではこのルールに従ってほしいと要望する。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆